保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

「食」のマンスリー・ニュースレター 第75号
男性管理職に広がるコンビニ朝食



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
無料のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第75号は、
  1. オリジナル調査結果 男性管理職に広がるコンビニ朝食
  2. 業界クリップ - 2016年5-6月の動向
の2部構成でお届けします。


1.朝食の主食はパンがご飯を上回る(本文抜粋)
レポートイメージ

 コンビニ中食が浸透している中で、朝食におけるコンビニの利用実態がどうなっているかを調べた。
 平日の朝食実態をみると、最近1週間の朝食回数が5日以上が75.6%である一方、食べていない人が14.6%いる。朝食場所では家が9割を超えていて、職場や学校は3.3%にとどまる。朝食の主食には、パンを食べている人が最も多く41.2%で、ご飯の37.9%を上回っていた。シリアルの7.2%、おにぎりやテイクアウトなどの中食の3.3%と続く。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 朝食の主食はパンがご飯を上回る
  2. 朝食を食べる男性管理職の4割はコンビニを週一日以上利用
  3. 朝食をコンビニで購入する男性管理職はコンビニでおにぎりを買う人が5割
  4. 男性管理職がコンビニで購入する理由は「通勤のついでに買えるから」が5割

* 業界クリップ 2016年5-6月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【節約志向の鮮明化】
  2. 売れている食品・メニュー  【「いきなり!ステーキ」の人気と課題】
  3. 東京市場          【都内にビアガーデンが続々登場】
  4. 地産地消          【地域密着商品の開発体制】
  5. 食品企業の経営       【熊本地震から2ヶ月目の対応】
  6. 製品開発          【天候に応じた販売タイミングの最適化】
  7. 価格政策          【外食の専門業態の強化】
  8. プロモーション       【トクホの差別化戦略】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【コンビニの夏商戦向け新商品】
  10. ヘッドラインクリップ    2016年5-6月の動向


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.