日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第60号
高収入層が積極投資するダイエット



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第60号は、
  1. オリジナル調査結果 高収入層が積極投資するダイエット
  2. 業界クリップ - 2015年1-3月の動向
の2部構成でお届けします。


1.オリジナル調査結果より「世帯年収で異なるダイエットへの取り組み」(本文抜粋)
レポートイメージ

 中高年人口の増加に伴い、メタボ・成人病予防の一環としてダイエットがマスコミなどで取り上げられることが多くなってきた。今回はダイエットについて実態調査を行った。
 ダイエットに1年以内に取り組んだことがある人は、40.5%に上る(図表1)。ダイエットの方法、目的、目標期間としては図表2~5のとおりである。

* オリジナル調査結果の分析 構成(全5頁)
  1. 世帯年収で異なるダイエットへの取り組み
  2. ジム通いなど幅広い運動メニューに取り組む高年収層
  3. 大豆、玄米など健康に良い飲食物をダイエットのために広く摂取する高年収層
  4. サプリ・機能性飲食物も摂取する高年収層
  5. セルフマネジメント意識の高い高年収層

* 業界クリップ(1) 2015年1-2月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【バレンタイン商戦の動向】
  2. 売れている食品・メニュー  【海外での日本食ブーム】
  3. 東京市場          【「ブルーボトルコーヒー」の出店】
  4. 地産地消          【アンテナショップの訪日客対応】
  5. 食品企業の経営       【JTが清涼飲料水事業から撤退】
  6. 製品開発          【トクホ商品開発の動き続く】
  7. 価格政策          【食品値上げの動き続く】
  8. プロモーション       【イースター市場の定着推進】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【ローソンの業態見直し】
  10. ヘッドラインクリップ

* 業界クリップ(2) 2015年2-3月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【春節による消費の押し上げ】
  2. 売れている食品・メニュー  【成長するクラフトビール市場】
  3. 東京市場          【海外で人気のベーカリーの日本出店】
  4. 地産地消          【社員食堂で地産地消】
  5. 食品企業の経営       【機能性表示食品制度】
  6. 製品開発          【プレミアム缶コーヒー】
  7. 価格政策          【外食チェーンの値下げ】
  8. プロモーション       【消費者を巻き込んだ情報発信】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【コンビニ再編の動き】
  10. ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.