日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第47号
食品偽装が影響及ぼす2014年のおせち料理調達



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第47号は、
  1. オリジナル調査結果 食品偽装が影響及ぼす2014年のおせち料理調達
  2. 業界クリップ - 2013年10~11月の動向
の2部構成でお届けします。

1.オリジナル調査結果より「7割弱がおせち料理を食べている。」(本文抜粋)
レポートイメージ

 年末年始(2013年12月31日~2014年1月3日)の「おせち料理」の食実態を確認する。
 全体でみると、66.3%の人が年末年始におせち料理を食べている。年代別にみると、50代~60代では75%以上と、全体よりも高くなっている。
 食べたおせち料理の形態をみると、「完成品を買ってきて重箱に詰めたり皿に盛ったりした(中食)」形態が51.2%でもっとも高く、「素材から手作り(内食)」が46.7%と続く。

* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 7割弱がおせち料理を食べている。年代別では50~60代、ライフステージ別では子手離れ以上で高い
  2. 調理時間は年代が上がるほど長い。8割が食べた「黒豆」。手作りトップは「紅白なます」
  3. 6割が食品スーパーで素材調達、購入金額平均は1万2千円程度
  4. 食品偽装問題はほぼ9割に知られており、おせちの素材購入チャネルの選択に影響
* 業界クリップ2013年10~11月(全7頁)
  1. 消費者の動き        【増税前後の消費心理】
  2. 売れている食品・メニュー  【高価格帯のビールが人気】
  3. 東京市場          【完全養殖マグロのアンテナ店舗が銀座に登場】
  4. 地産地消          【特産品の消費量を競い合うライバル都市】
  5. 食品企業の経営       【ホテルや百貨店における食材偽装問題】
  6. 製品開発          【受験生応援の商品】
  7. 価格政策          【高単価のワインが好調】
  8. プロモーション       【福島産を訴求する商品が相次いで登場】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【コンビニの高級路線の商品】
  10. ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.