保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

「食」のマンスリー・ニュースレター 第42号
プレイヤー増加で競争激化する宅配フードサービス



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第42号は、
  1. オリジナル調査結果 プレイヤー増加で競争激化する宅配フードサービス
  2. 業界クリップ - 2013年4月の動向
の2部構成でお届けします。

1.宅配フードサービスの利用頻度は減少傾向(本文抜粋)
レポートイメージ

 マクドナルドやセブン-イレブンといった他業態からの参入もあり、現在宅配フードサービスに注目が集まっている。そこで今回の調査では、宅配フードサービスの利用実態を探った。
 まず利用率についてみる。半年以内利用率は、全体で52.8%であり、半年以内に約半数が利用していることがわかる。次に属性別にみる。職業や共働きかどうかなど様々な属性差を確認したが、最も利用率に差が出るのは世帯年収の階級であることがわかった。まず、性別ライフステージ別にみると、「末子小学生以下の親」の男女がともに高く、女性の「既婚子なし」、「既婚子独立」も高い。世帯年収の階級別にみると、600万円以上の高収入層の利用率が高い。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 宅配フードサービスの利用頻度は減少傾向
  2. 利用者の利用意向率は高いが、実態では客離れの可能性あり
  3. 注文が多いのは2人前。1人あたりの単価は1,336円
  4. 子育て層は調理負荷の回避、高収入層は時間を買うために宅配を利用する
* 業界クリップ2013年4月(全7頁)
  1. 消費者の動き        【株価乱高下が消費に与える影響】
  2. 売れている食品・メニュー  【トマト人気の持続】
  3. 東京市場          【ビール各社のPR店舗が登場】
  4. 地産地消          【アウトレットにご当地食のミュージアムが登場】
  5. 食品企業の経営       【成長するアフリカ市場への進出】
  6. 製品開発          【朝食ニーズ顕在化に向けた新メニュー】
  7. 価格政策          【食品メーカーによる値上げの動き相次ぐ】
  8. プロモーション       【冷やして楽しむ提案】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【PBにおけるメーカーとの連携の在り方】
  10. ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.