日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第37号
第37号 拡大に転じた即席麺 浸透拡大の鍵は「イエ食」



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第37号は、
  1. オリジナル調査結果 拡大に転じた即席麺 浸透拡大の鍵は「イエ食」
  2. 業界クリップ - 2012年10月の動向
の2部構成でお届けします。

1.カップ麺をよくたべる男性。男女とも断層世代以上は食頻度が減少する(本文抜粋)
レポートイメージ

 カップ麺を食べている人は全体の9割超で、「月に1-3回」がボリュームゾーンで約4割を占めている。「週1回以上」は27%、「週2回以上」も11%存在する。食頻度は性差が大きく、
男性は「週1回以上」が35%を占めるのに対し、女性は18%と約半分である。
 性別世代別にみると、「週1回以上」において男女ともに「少子化世代」(男性46%、女性28%)が最も高い。ちょうど独身社会人が多い世代であり、一人暮らしも多いことが要因として考えられる。また男性では、もっとも低い団塊世代でも26%であるが、女性はゆとり・断層・団塊世代で1割台、戦後世代では5%となっている。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全3頁)
  1. カップ麺をよくたべる男性。男女とも断層世代以上は食頻度が減少する
  2. 袋麺の食頻度が高い断層・団塊世代。食頻度を増やす団塊ジュニア
  3. 即席めん市場拡大の鍵を握る「イエ食」適合
* 業界クリップ10月(全7頁)
  1. 消費者の動き 【消費の低迷が再び鮮明に】
  2. 売れている食品・メニュー 【高齢者向け食品市場が拡大】
  3. 東京市場 【JTBが食事をきっかけに旅行を提案】
  4. 地産地消 【「全国給食甲子園」の開催】
  5. 食品企業の経営 【次なる成長事業の育成】
  6. 製品開発 【炭酸飲料市場のさらなる盛り上がり】
  7. 価格政策 【外食の低価格戦略の限界】
  8. プロモーション 【人気映画とのユニークなタイアップ】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【セブンアンドアイの高付加価値品】
  10. ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.