保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

「食」のマンスリー・ニュースレター 第35号
震災後半年の食品消費の意識と実態



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第35号は、
  1. オリジナル調査結果 震災後半年の食品消費の意識と実態
  2. 業界クリップ - 9月・10月の動向
の2部構成でお届けします。

1.産地を意識して食品を購入している人は75%。男性は「気にしていない」が3割超(本文抜粋)
レポートイメージ

 原発事故後の商品選択や購買行動についてみてみる(図1)。もっとも多いのは、「以前も産地等を気にしていたので、あまり変わらない」で27%。次いで「以前も産地等を気にしていたが、より一層意識するようになった」26%、「以前は産地等を気にしなかったが、意識するようになった」23%を含め、現状4人に3人は「食品産地を意識している」ことになる。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 産地を意識して食品を購入している人は75%。男性は「気にしていない」が3割超
  2. 敬遠される福島、東北地方産。西日本産へのシフトがおこっている
  3. 食料品の消費は「ほぼ変わらない」が、被災地では消費減退がうかがえる
  4. 備蓄用として買われる「水・ご飯」。一方で消費期限切れの廃棄も発生
* 業界クリップ9月(全7頁)
  1. 消費者の動き  【新たな景気不安による消費抑制の兆し】
  2. 売れている食品・メニュー 【再評価される中食商品】
  3. 東京市場    【イトーヨーカドーの都市型小型店が好調】
  4. 地産地消    【農産物直売所の存在感向上】
  5. 食品企業の経営 【業績に影響を与え続ける震災の影】
  6. 製品開発    【復刻商品の発売相次ぐ】
  7. 価格政策    【値上げ回避の動き続く】
  8. プロモーション 【「ミュージアム」を通じたロングセラーのPR】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【調達の巧拙問われる円高還元セール】
  10. ヘッドラインクリップ
* 業界クリップ10月(全7頁)
  1. 消費者の動き  【最新人口統計に見る成長セグメント】
  2. 売れている食品・メニュー 【冬の節電応援商品の人気】
  3. 東京市場    【鰹節の老舗の挑戦が好調】
  4. 地産地消    【地元産の安全性訴求に苦慮】
  5. 食品企業の経営 【被災地からの中長期的な要請への対応】
  6. 製品開発    【ショウガ商品の発売相次ぐ】
  7. 価格政策    【「絆」消費を期待する高額品拡充】
  8. プロモーション 【アジアにおける食文化浸透の取組】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【吉野家の次世代型店舗の試み】
  10. ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.