日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第30号
トレーサビリティ 関心引くも浸透度はまだ低い



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第30号は、
  1. オリジナル調査結果 トレーサビリティ 関心引くも浸透度はまだ低い
  2. 業界クリップ - 10月・11月の動向
の2部構成でお届けします。

1.トレーサビリティ 関心引くも浸透度はまだ低い(本文抜粋)
レポートイメージ

 食品の安全性を担保する取り組みとして、トレーサビリティがある。2010年には民主党がマニフェストのひとつとしてトレーサビリティ制度の拡充を打ち出し、10月には2004年の「牛肉トレーサビリティ法」に続き「米トレーサビリティ法」が施行されるなど、法制度の整備が進められている。今では外食メニューにもトレーサビリティの表示が見られるようになっているが、実際消費者にはどの程度浸透しているのだろうか。
 トレーサビリティについての認知をみると(図1)、「知っている計」で約45%と、半数弱の認知となったが、「内容まで詳しく知っている」のは12.7%と1割強にとどまった。トレーサビリティの言葉は露出しているが、正確な内容についてはまだ浸透していないと推測される。関心度をみると(図2)、「関心がある計」で56%と半数以上の関心は喚起している。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 約半数がトレーサビリティを認知、関心あり。情報源はマスコミ
  2. 団塊世代、戦後世代にゆるい関心 背後に食への漠然とした不安
  3. 9割は履歴確認経験なし 調べやすさ、価格転嫁が浸透度アップの壁
  4. 履歴確認、価格上昇許容するのは避けたいものがある人
* 業界クリップ(全13頁)
  1. 消費者の動き  【景気悪化懸念と中長期的な成長セグメント】ほか
  2. 売れている食品・メニュー 【野菜飲料のヒットを支える販促努力】ほか
  3. 東京市場  【大手が都心小型店に本格参入】ほか
  4. 地産地消  【コンビニの地産地消のさらなる拡充】ほか
  5. 食品企業の経営 【生物多様性への対応】ほか
  6. 製品開発  【飲用時間訴求商品の相次ぐ登場】ほか
  7. 価格政策  【拡がる牛丼低価格競争の影響】ほか
  8. プロモーション 【健康素材のプロモーション】ほか
  9. チャネル政策・チャネル動向 【大手が本格的に高付加価値PBに着手】ほか
  10. ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.