日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第29号
年配層中心に続く国産志向・中国産敬遠



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュース・レター 第29号は、
  1. オリジナル調査結果 年配層中心に続く国産志向・中国産敬遠
  2. 業界クリップ - 9月の動向
の2部構成でお届けします。

1.生鮮食品、加工食品購入時は国産志向、いまだ中国産敬遠(本文抜粋)
レポートイメージ

 食品を購入する際に消費者はどんなことに気をつけているのか。意識、行動についてみてみる。
 生鮮食品については、「国産の生鮮食料品を買うようにしている」が7割でトップとなった。次いで「中国産の生鮮食料品を買わないようにしている」となっており、未だ半数近くの人が中国産を買い控えているのがわかる。加工食品についても、「国産の食材が使われているものを選ぶ」がトップで、「中国産食材が使われているものを選ばない」が続く。生鮮食品、加工食品については安全イメージの高い国産が志向され、中国産は敬遠されがちになっているといえる。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 生鮮食品、加工食品購入時は国産志向、いまだ中国産敬遠
  2. 弁当・惣菜も国産食材志向、外食で気になるのはカロリー
  3. 「食の安全情報多くても、信頼できない」子育て主婦
  4. 組織の信頼は男性と若年層中心に回復基調
* 業界クリップ(全7頁)
  1. 消費者の動き  【高齢者の食におけるニーズと課題】
  2. 売れている食品・メニュー 【続く猛暑効果と消費者の冷静な一面】
  3. 東京市場  【都心でメーカーが直営店を活用】
  4. 地産地消  【名産品を売り込むイベント相次ぐ】
  5. 食品企業の経営 【介護食事業の取組強化】
  6. 製品開発  【定番強化と求められる新価値提案】
  7. 価格政策  【秋の味覚にも価格高騰の波】
  8. プロモーション 【外食チェーン・居酒屋の外国人観光客対応】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【高齢者の宅配注文フォロー】
  10. ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.