保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

「食」のマンスリー・ニュースレター 第25号
食品購入のネット化 [1] 浸透状況と中心顧客



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第25号は、
  1. オリジナル調査結果 食品購入のネット化 [1] 浸透状況と中心顧客
  2. 業界クリップ - 6月の動向
の2部構成でお届けします。

1.認知は9割、利用者は約2割。女性子手離れで利用率が高い(本文抜粋)
レポートイメージ

 今号では家庭でのインターネットを活用した食品の購入について、主要なネットスーパーやインターネット宅配の浸透状況からみていく。
 まず、食品の買い物におけるネットスーパーやインターネット宅配について、認知や使用状況をみてみる(図1)。認知者は約9割だが、全体で利用経験者は2割強で、現在利用者は16%、週1回以上で定期的に購入していると思われる層は5%に留まる。「知っているけど、使ったことがない」という層がちょうど2/3を占めている。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 認知は9割、利用者は約2割。女性子手離れで利用率が高い
  2. ネットスーパーが優位。プレゼンスが高い「アイワイネット」
  3. 急速なネットシフトはないが、各事業者で愛用層が形成
  4. 制約条件の多い女性子育てで支持されるネットスーパー


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.