日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「食」のマンスリー・ニュースレター 第19号
調理スタイルの変化 若年層の調理離れ



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第19号は、
  1. オリジナル調査結果 調理スタイルの変化 若年層の調理離れ
  2. 業界クリップ - 11月の動向
の2部構成でお届けします。

1.オリジナル調査結果より「調理スタイルの変化 若年層の調理離れ」(本文抜粋)
レポートイメージ

 不況の影響といった短期的な現象だけでなく、ライフスタイルの変化などを背景に調理スタイルが変化している。今回は、第9回調査報告『手作り回帰と外食離れ』(2009年3月号)で実施した消費者調査(2009年2月調査)と同一項目で実施した最新の調査をもとに、その変化を確認していく。

 最近1ヶ月以内に使用した調理器具をみると(図1)、男女とも、鍋やフライパンよりも電子レンジが上位にきている。さらに男性における電子レンジの使用はトップの包丁と変わりない2位(女性は3位)で、炊飯器も5位(女性は6位)となっていることから、調理家電の依存度が高い。この傾向は前回調査(2009年2月)と同様であり、火を使わない調理が定着していることがうかがえる 。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  • 調理器具の所有・使用 ~ 男性で増加する調理家電依存
  • 若いライフステージほど進む調理離れ。定着する内食トレンド
  • 短時間調理と時間帯のズレ込み
  • 若い女性で進む「魚」「野菜」「アルコール」離れ、「一汁三菜」離れ * ニュースクリップ 項目(全13頁)
    • 消費者の動き 【減る収入、広がる地味食】
    • 売れている食品・メニュー 【小さな企業の「大ヒット」商品】
    • 東京市場 【『飲食店ガイド「ミシュランガイド東京」が3年目に突入』】
    • 地産地消 【ポイント制は浸透度UPへの切り札になるか】
    • 食品企業の経営 【調達戦略の見直し ‐原材料価格を吸収する取組み‐】
    • 製品開発 【開発のキーワードは3つの「新」】
    • 価格政策 【デフレの中で、安くなる高付加価値食品・サービス】
    • プロモーション 【江崎グリコ、ロングセラー育成中】
    • チャネル政策・チャネル動向 【「脱・PB」は成功するのか】
    • ヘッドラインクリップ


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.