保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.10
特集「大手小売業の2013年決算にみる業績格差」 他


JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「流通」の今を切り取り、 「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。 これは、以下の情報より構成されています。
  • 主要流通企業のリリースなどから見えてくる「流通」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
  • 官庁や業界団体などが発表する統計データの時系列分析
で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.10 は、
  1. 特集「大手小売業の2013年決算にみる業績格差」
    業態・企業間の業績格差が鮮明に
  2. 小売流通業の基礎指標 【百貨店・スーパー・コンビニ】
    消費税増税の駆け込み需要により3業態ともに大幅増加も業態差が鮮明に
  3. 小売流通業の基礎指標 【百貨店 a.商品別売上】
    全体は5ヶ月連続増加で125%の高い増加率。美術・宝飾貴金属は2倍増
  1. 小売流通業の基礎指標 【百貨店 b.地区別売上】
    消費税増税の消費前倒し効果は全国的に。全地区でふた桁増を記録
  2. 小売流通業の基礎指標 【チェーンストア】
    前年同月比109%で2ヶ月連続増加。不振続いた衣料品もふた桁増に迫る伸び
  3. 2014年3月の流通トピックス
の構成でお届けします。

特集「大手小売業の2013年決算にみる業績格差」(本文抜粋)
レポートイメージ

 2014年2・3月期の決算企業を中心に2013年度の業績を整理すると、業態や企業間格差がより鮮明になった。まず、大手2グループは、イオンが増収減益、セブン&アイがふた桁の増収増益である。また営業利益率の格差でも明暗が分かれた。
 業態別にみると、GMSは大手の苦戦、特に収益性の低さが際立っている。その中でイズミは増収増益で、このクラスでは他に平和堂も増収増益であった。
 SMはさらに企業格差が顕著であるが、こちらは大手ほど好調である。大手の典型はライフコーポレーションやヤオコー、ヨークベニマル、マルエツである。逆に地方の中堅クラス、オークワやバロー、マックスバリュ東海は大幅な減益となった。消費低迷下における内食回帰により、好調と言われたSMは景気回復局面で転換期を迎えている。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.