日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.6
特集「セブン&アイとイオンのオムニチャネル戦略」 他


JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「流通」の今を切り取り、 「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。 これは、以下の情報より構成されています。
  • 主要流通企業のリリースなどから見えてくる「流通」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
  • 官庁や業界団体などが発表する統計データの時系列分析
で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.6 は、
  1. 特集「セブン&アイとイオンのオムニチャネル戦略」 -セブンはCVS、イオンは巨大SC開発。それぞれの強み生かした戦略構築を推進
  2. 百貨店とCVSが既存店ベースで前年割れ。CVSは新規出店依存が続く
  3. 2ヶ月ぶりにプラスに転じ、本格的な回復を証明。一方で商品の好不調が鮮明に
  4. 好調続く「東阪名」。より顕著になる都市と地方の格差と都市内での格差
  5. 6ヶ月連続プラスの食料品が牽引し、既存店売上は4ヶ月連続プラスで推移
の構成でお届けします。

特集「セブン&アイとイオンのオムニチャネル戦略」(本文抜粋)
レポートイメージ

 12月に入り、セブン&アイの買収が相次いでいる。2012年度は約1,000億円だったネット通販の売上を5年以内に1兆円にする計画を打ち出し、通信販売大手のニッセンを買収した。さらに衣料品の強化を狙いバーニーズ・ジャパンを買収した。また、岡山が地盤のSM天満屋ストアと業務提携。これはセブン&アイが手薄な西日本で勢力を拡大するイオンへの対抗策である。この逆のパターンが北海道で、7月にSMダイイチに出資すると、10月にはイオン系列のマックスバリュがSMいちまると業務・資本提携をしている。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.