保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.5
特集「大手小売企業の2013年度中間期決算を読む」 他


JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「流通」の今を切り取り、 「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。 これは、以下の情報より構成されています。
  • 主要流通企業のリリースなどから見えてくる「流通」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
  • 官庁や業界団体などが発表する統計データの時系列分析
で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.5 は、
  1. 特集「大手小売企業の2013年度中間期決算を読む」
  2. 小売流通業の基礎指標[1]「大手小売企業の2013年度中間期決算を読む」
  3. 小売流通業の基礎指標[2-a]「3ヶ月ぶりにマイナスに転じるも、好調な高額商品がマイナス幅を抑える」
  1. 小売流通業の基礎指標[2-b]「突出する東販名。広がる都市と地方の格差と都市間格差」
  2. 小売流通業の基礎指標[3]「好調続く食品が牽引し、前年同月比3ヶ月連続プラスで推移」
  3. 2013年10月の流通トピックス
の構成でお届けします。

特集「大手小売企業の2013年度中間期決算を読む略」(本文抜粋)
レポートイメージ

 主要小売企業・グループの2013年度中間期決算をまとめた(図表1)。「売上高」「営業利益」「既存店売上」に3項目について前年同期比をみると、イオンとセブン&アイHDの2大流通グループが増収増益となった。イオンはGMSのイオンリテールが増収増益、セブン&アイはCVSのセブン-イレブンが牽引役になった。イオンは専門店化やシニア対応「G・G(グランド・ジェネレーション)」の推進により既存店売上が前年同期をクリアするなど「脱GMS」の方向性を示したが、イトーヨーカ堂はコスト削減により利益は回復したものの、売上は低迷している。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.