日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.2
特集.加速する大手コンビニの出店ペース


JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「流通」の今を切り取り、 「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。 これは、以下の情報より構成されています。
  • 主要流通企業のリリースなどから見えてくる「流通」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
  • 官庁や業界団体などが発表する統計データの時系列分析
で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「流通」のマンスリー・ニュースレター Vol.2は、
  1. 特集I.加速する大手コンビニの出店ペース
  2. 特集II.低収益性からの脱却図る食品卸3強
  3. 小売流通業の基礎指標[1]「小売回復ムードは小休止」
  4. 小売流通業の基礎指標[2]「高額商品と都市部が牽引する百貨店売上」
  5. 小売流通業の基礎指標[3]「2ヶ月連続マイナスのチェーンストア」
  6. 2013年5月の流通トピックス
の構成でお届けします。


特集.加速する大手コンビニの出店ペース(本文抜粋)
レポートイメージ

 大手コンビニチェーン5社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ)が発表している2013年度の出店計画は過去最高となる4,555店舗。実に2012年度比で2割増という大量出店である。うち大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)は3,870店舗で85%を占めている。しかしその3社の出店計画をみると、戦略の違いがみてとれる。
 業界トップのセブン-イレブンは、15,000店舗超の国内最大の店舗網を誇っているが、ドミナント戦略によって、まだ未進出の空白県地帯が存在しており、2013年3月に進出した四国や秋田県などが典型例で、こうしたエリアへの出店に重点化している。またこの大量出店は、全国169カ所の専用工場や物流網、商品力が可能としている。2013年度は着実に前年比13%増の1,500店舗を計画している。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.