日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2011.12)
消費者調査 番外編 2011年、印象に残ったもの
「東日本大震災」「マルモのおきて」「スマートフォン」...2011年はどんな年だったか
 2011年とはどんな1年だったのか。「トピックス」「人物」「歌」「商品」の四つのランキングからみていく。

印象に残ったトピックス
 2011年、最も印象に残ったトピックスは、3.11の「東日本大震災」が圧倒的で、有効回答者の実に8割が挙げている。さらに、3位に「福島第一原子力発電所事故」、4位には「震災と原発事故」の組み合わせで、これらを合計すると87.6%と実に約9割に及ぶ。死者・行方不明1万9,000人超の未曾有の大震災は、被災地だけでなく日本全体に大きな爪痕を残したといえる。この体験が今後の価値観や生活を変えていくと思われる。
 震災関連以外では、「なでしこジャパン ワールドカップ優勝」が2位に挙げあげられている。男女通じて初めてのワールドカップ優勝という快挙はもちろん、準々決勝で2大会連続優勝のドイツを延長戦で、決勝ではこれまで勝ったことがないアメリカに二度の劣勢を追いついた末のPK戦勝利は、「あきらめない」という強い気持ち持つことの大事さを再認識させられた。震災後の先行き不透明な生活が続く中、希望と勇気を与えるひとつの復興に向けたシンボルともいえる。


印象に残った有名人
 トップは「マルモのおきて」(フジテレビ系)でゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少主演となった「芦田愛菜」、2位はなでしこジャパンの「澤穂希」と、女性が1・2フィニッシュとなった。活躍するフィールドも年代も異なる2人ではあるが、震災後の沈みがちな日常の中、多くのメディアにも露出し、震災の痛みを和らげるような明るい材料を提供したということが強く印象に残ったと思われる。
 3位、4位は、「菅元直人」、「野田佳彦」の前・現総理大臣がランクインしたが、こちらも東日本大震災やその後の復興対応や政治運営のまずさを指摘する声とともに挙げられており、マイナスの意味で「印象に残ってしまった」といえるだろう。
 またここ3年程の特徴として、芸人が上位にあがってこないことが挙げられる。テレビのバラエティ番組が多いと言われる中、いわゆる「一発屋」とも呼ばれ、一世を風靡するようなムーブメントを起こすようなパワーを持つ芸人が2008年以前はあった(小島よしお、レイザーラモンHGなど)。この3年はポジティブ面ではスポーツ選手、ネガティブ面は政治家というような傾向が続いている。

印象に残った歌
 トップは有名人トップの芦田愛菜が主演した「マルモのおきて」の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」(薫と友樹、たまにムック。)で、有効回答中で4割が挙げている。ユニット名はドラマ中の役名から命名、またムックはドラマに登場する犬の名前で、「子どもと動物」というヒットの要素を組み合わせもあり、大きなインパクトを残した。
 2011年もミリオンヒットを連発したAKB48は、5曲をランクインさせている。また、震災関連ということでは、「上を向いて歩こう」(3位)は、震災後にサントリーがCM出演者のメドレーという形で、復旧-復興に向けたメッセージとして高い支持を得た。「あいさつの魔法」(4位)も企業CMが自粛される中、ACジャパンのCMで頻繁に流されたことが強く印象に残っている。さらに「トイレの神様」「ふるさと」「家族になろうよ」などは震災によって改めて強く意識された「家族・故郷・日本」を象徴する歌であるといえる。

2011年のヒット商品

 2011年のヒット商品は、携帯端末と節電関連商品が上位に挙がった。
 「スマートフォン」で2010年の6%から19ポイントの大幅アップで首位となった。特に10月14日に発売された「iPhone 4S」は、2010年の「iPhone 4」の7%から倍増の14%で2位、「iPad iPad2」も4位にランクインするなど、スマートフォンやタブレット端末の本格普及が始まった年を象徴する結果となった。
 もう一方の節電関連商品としては、3位に「扇風機」、4位にずばり「節電商品」、7位に「LED電球」など、2011年の「暗くて暑い夏」を乗り切る助けとなった商品群が挙げられ、冬場商品としても「ヒートテック・保温系衣料」が挙がっている。
 6位は放射線量を測定する「ガイガーカウンタ」。また「防災グッズ」「ミネラルウォーター」「乾電池・蓄電池」など災害と原発事故対策のグッズが挙げられるように、ここでも3.11のインパクトを色濃く反映している。

 2011年は直接的にも間接的にも「3.11」を契機にひとつの生活転換があったことを反映するようなランキングとなった。まだ被災地では復興の途上にあり、また原発被害は不透明なまま長期化していくような様相である。2012年はこうした閉塞した空気の現状を打破するようなヒット商品や話題を期待したい。 


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年11月16日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,024サンプル
サンプル構成(%)



 本コンテンツのグラフは無料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.