日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.02)
消費者調査データ No.138 電子マネー(2012年3月版)
独走Suicaをとめられるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 電子マネーは1990年代後半からウェブ上での決済などに利用されてきましたが、2000年代に入ってから、非接触型ICカードを利用したカードやおサイフケータイなどの登場でコンビニエンスストアや自動改札など使用できる範囲が拡大、一気に浸透していきました。
 今回は、当社が任意に選んだ20の電子マネーについて「知っている(認知率)」、「利用したことがある(利用経験率)」、「最近1年間で最も利用した(最頻利用)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」などの項目でインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、JR東日本の「Suica(スイカ)」が首位を独走、2位グループは、「Suica」と同じく交通系で、関東地方を中心とする私鉄・路線バスの「PASMO(パスモ)」と、イオングループの「WAON(ワオン)」、セブン&アイグループの「nanaco(ナナコ)」などの流通系、楽天などが提供する「Edy(エディ)」が競り合っている。
 「Suica」は認知率が90%を超えており、利用経験、1ヶ月以内利用、今後の利用意向などで2位に10ポイント以上差をつけた首位となった。また、1年内の最頻利用では23.3%と、4分の1近くが「Suica」を挙げている。「Suica」の利用エリアがJR東日本の管内中心であることを考えれば、非常に高いといえるだろう。
 また、利用者のベースは小さいながら、名古屋圏の交通系電子マネー「manaca(マナカ)」が高い再利用意向を獲得している。
 電子マネーには、プリペイド(先払い)式とポストペイ(後払い)式があるが、今回のランキングでは、プリペイド式が上位に並んだ。

 今回のランキングトップの「Suica」は月間利用件数が5,000万件超、相互利用の可能な「PASMO」との合算では7,000万件を超え(JR東日本他発表)、利用件数は約4年で4倍に伸びた。電子マネー各社は、相互利用やポイントプログラム、提携先とのポイント相互乗り入れなどの施策で、ユーザーの囲い込みを図っている。利用者が拡大すればそれだけ利用可能な店舗の拡大につながりやすく、それがまた利用者の拡大を呼ぶ善循環につながるからだ。
 今回のランキングの結果からもみられるように、上位の候補はほぼ絞られた状態といえるが、歴史のまだ浅い業界だけに、リーダーの地位を巡っての競争は今後さらに激しさを増していきそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示20サービス】
  • Suica(スイカ)
  • Edy(エディ)
  • nanaco(ナナコ)
  • WAON(ワオン)
  • ICOCA(イコカ)
  • TOICA(トイカ)
  • manaca(マナカ)
  • PASMO(パスモ)
  • Pidel(ピデル)
  • iD(アイディー)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • Smartplus(スマートプラス)
  • VISATOUCH(ビザタッチ)
  • PiTaPa(ピタパ)
  • PayPass(ペイパス)
  • SpeedPass(スピードパス)
  • WebMoney(ウェブマネー)
  • BitCash(ビットキャッシュ)
  • NETCASH(ネットキャッシュ)
  • 電子マネーちょコム

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年2月21日~23日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,052サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.