保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2010.02)
消費者調査 ジーンズ(2010年2月版)
どこまで伸ばせるか激安ジーンズ
g.u.、ベストプライスの検討光る
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングのブランドg.u.(ジーユー)が2009年3月に990円のジーンズを発売した。これをきっかけとなり、その後、イトーヨーカ堂やイオンといった総合スーパーが最低価格を競うように追随し、激安ジーンズ競争が激化している(止まらない「激安」ジーンズデフレ)。
 そこで、今回は当社が任意に選んだジーンズ12ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」は、「ユニクロ」、「GAP」、「しまむら」、「g.u.」、イオンバリュの「ベストプライス」の順となり、激安ジーンズよりファストファッション系ジーンズが上位に行く形となった。
 しかし、購入者の満足度を示す指標である再購入意向は、「g.u.」、イオンバリュの「ベストプライス」、「ユニクロ」、「しまむら」、「GAP」の順となり、ファストファッション系のジーンズではなく激安ジーンズが上位に行く形となった。
 「g.u.」の990円ジーンズは、2009年末で販売本数が100万本に達し、上向き目標修正をした目標を達成したことになり、激安ジーンズのパイオニアとして好調な業績を収めている。
 対するイオンバリュの「ベストプライス」は、880円で販売している。「ベストプライス」は、価格だけでなく、「メンズサイズの豊富さ」を売りにしている。同じウエストサイズでも股下の長さに違いが出やすい男性のため、ウエスト9サイズに対して股下は7サイズ用意することで、合計63サイズも展開し、購入時の「お直し」をしないことから、余計な費用がかからないことも訴求ポイントとしている。
 一方、「激安」ジーンズブームに火をつけたユニクロは、この春からジーンズの新ブランド「UJ」で、1,990円からのジーンズ50種類以上を揃えるとともに、激安商品のラインナップを靴にも拡大した。西友など大手流通も追随する構えで、激安衣料はさらに競争の舞台を拡げる消耗戦の様相を呈してきている。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示12ブランド】
  • g.u.
  • イオンバリュ ベストプライス
  • セブン&アイ・ホールディングス ザ・プライス
  • 西友 みんなのジーンズ
  • ドン・キホーテ 情熱価格
  • ダイエー デニムパンツ
  • ユニクロ
  • H&M
  • フォーエバー21
  • GAP
  • しまむら

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年2月9日~2月12日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,045サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.