保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2004.10)
ブランド

-女性に愛されるブランド「ルイ・ヴィトン」「ティファニー」。固定ファン持つ「ユナイテッド・アローズ」
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 好況や不況にかかわらず、消費者の間に浸透しているブランドは支持され、売れ続けています。言い古された感もありますが、やはりブランドは「消費者の信頼」に他にありません。この揺るぎない消費者の信頼を勝ち得るために多くの企業が市場において凌ぎを削っています。
 今回は、当社が任意に選んだスーツ、バッグ、時計などの装飾品の35ブランドについて女性のインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 まず全体のランキングを通して上位にあげられているのは、「ルイ・ヴィトン」である。「好きだと感じる」「今後(も)買いたい」で1位、「自身で持っている」「持っている人ベースの今後も買いたいと思う」では2位である。ヴィトンはその伝統に甘んじることなく、日本においても原宿など集客力のある街に旗艦店を進出させ、集中的に露出し、さらに常に話題となる新しい商品を展開するなど、鮮度を保ち、顧客の興味を引きつけることに成功し続けている。

 その他、ランキングで上位にあがってきたブランドは、「ティファニー」と「ナイキ」である。「ティファニー」は、「好きだと感じる」「今後(も)買いたい」でともにヴィトンに次いで2位にランクされた。立爪ダイヤモンドリングの生みの親として有名なブランドで、誕生日などの日常のイベントから婚約といった一大イベントに至る様々なタイミングで贈られるブランドとして、女性の支持が高いと推測される。
 また「ナイキ」は「自身で持っている」でトップであった。プロフェッショナルアスリートからスポーツを楽しむ人々まで幅広い層のユーザーから支持を得ているブランドであり、今回提示したブランドの中でも商品の幅が広く、かつ比較的値頃な価格であったことがその要因だと思われる。

 最後に、ブランドロイヤリティを示す「持っている人ベースの今後も買いたいと思うブランド」で1位となったのは「ユナイテッド・アローズ」である。オープン当初は高級志向の品揃えが主だったが、徐々にカジュアル度を増していき、認知や所有は低いものの、若年層の間で高い支持を得たものと推測される。

 今回のランキングでは、「ルイ・ヴィトン」や「ティファニー」といった定番ブランドが上位を占め、女性の広い層における人気の高さを改めて示した。一方で、ユナイテッド・アローズのように特定の層において「知る人ぞ知る」ブランドが高いロイヤリティを獲得していることがわかった。老舗の定番ブランドの牙城に対し、新興ブランドの台頭が注目される。
サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2004年9月16日~17日
調査対象者:当社インターネットモニター
 20~59歳 全国の女性個人
有効回収サンプル数:529サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.