保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2007.6)
首都圏の人気スポット
 新丸ビル、ミッドタウン─新規オープンスポットは定番に食い込めるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 2006年から2007年にかけて、東京都心を中心とした首都圏では、表参道ヒルズ(2006.02.11)、アーバンドック ららぽーと豊洲(以下ららぽーと豊洲)(2006.10.05)、東京ミッドタウン(2007.03.30)、新丸ビル(2007.04.27)などオフィス、商業施設、住宅などを含む大型の複合ビルのオープンが続き、新しい人気スポットとなっています。オープン時のにぎわいは、テレビや雑誌でも紹介され、ご記憶の方もいらっしゃるでしょう。
 今回は、首都圏のファッションビル、複合ビルの中から、当社が任意に選んだ20のスポットについて首都圏在住のネットユーザーに対してアンケートを行った結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、六本木ヒルズ、横浜みなとみらい21(以下みなとみらい)、タカシマヤタイムズスクエアなど、定番の人気スポットが根強い人気をみせつけた。
 2003年4月オープンの六本木ヒルズは、「知っている人気スポット」で1位、「3ヶ月以内に行った」「3ヶ月以内に話題にした」「今後も行きたい」で3位。オープンから4年たっているが、まだまだ話題性の高いホットなスポットといえる。中核ビルのランドマークタワーのオープンが1993年のみなとみらいは、前回(2004年7月)のランキング情報に引き続き、「もっとも好き」「今後(も)行きたい」でトップとなった。また、タカシマヤタイムズスクエアは、同じく「もっとも好き」「今後(も)行きたい」が2位。ともに、根強い固定ファンをもつ人気スポットといえるだろう。

 一方で、2006年から今年にかけてオープンした人気スポットは、「3ヶ月以内に話題にした」で新丸ビルが33.0%でトップ、東京ミッドタウンが28.6%で2位、表参道ヒルズが6位、ららぽーと豊洲が7位と話題性は高い。
 しかし、「今後(も)行きたい」では、新丸ビルが25.9%で8位、東京ミッドタウンが9位、表参道ヒルズが12位、ららぽーと豊洲が15位と、必ずしも話題性が来訪意向と結び付いていない。2003年5月のランキングで、オープン後約1ヶ月の六本木ヒルズが「知っている」「今後(も)行きたい」でトップだったのに比べると、ブーム性は弱いといえる。
 ただし、「行ったことがある人ベースの今後の来訪意向」では新丸ビルが65.0%で1位、東京ミッドタウンが63.3%で2位、ららぽーと豊洲が60.2%で3位と新規オープンの人気スポットが上位を独占、訪問者の満足度は高い。

 六本木ヒルズが嚆矢となった複合ビルの人気スポット化だが、その後の相次ぐ複合ビルオープンなどで、新規オープンのインパクトは弱くなっていると考えられる。乱立気味の人気スポット同士での話題性や顧客の奪い合いも激化している。
 新丸ビルや東京ミッドタウンなどの新規オープンのスポットが、来訪者の高い満足度を武器に、人気スポットとしてどこまで定番に食い込んでいけるかが注目される。



【提示20スポット】
  • 丸ビル(丸の内)
  • 新丸ビル(丸の内)
  • 丸の内オアゾ(丸の内)
  • 汐留シオサイト(汐留)
  • アクアシティお台場(お台場)
  • パレットタウン(お台場)
  • デックス東京ビーチ(お台場)
  • 天王洲アイル(天王洲)
  • アーバンドック ららぽーと豊洲(豊洲)
  • 六本木ヒルズ(六本木)
  • 東京ミッドタウン(六本木)
  • 恵比寿ガーデンプレイス(恵比寿)
  • Bunkamura(渋谷)
  • 渋谷マークシティ(渋谷)
  • 表参道ヒルズ(表参道)
  • タカシマヤタイムズスクエア(新宿)
  • サンシャインシティ(池袋)
  • 横浜みなとみらい21(横浜)
  • ららぽーとTOKYO-BAY(船橋)
  • イクスピアリ(舞浜)

サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2007年5月17日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)
        在住の男女個人
有効回収サンプル数:640サンプル


 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.