日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2004.08)
首都圏の人気スポット
-横浜みなとみらいと六本木ヒルズ、人気を分ける

 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 東京都心部再開発の大型プロジェクトが進んでいます。近いところでは2004年9月に東京駅八重洲口にオフィス、ホテル、商業施設の入った複合ビル群「丸の内オアゾ(OAZO)」が完成予定です。日本橋や銀座でも高層ビルや複合商業施設の開発が進められており、東京の大型再開発は今後も話題が事欠きません。
 今回は、首都圏のファッションビル、複合ビルの中から、当社が任意に選んだ20のスポットについて首都圏在住のネットユーザーに対してアンケートを行った結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングをみると、六本木ヒルズは、四つのランキング(認知率、3ヶ月以内に行ったスポット、3ヶ月以内に話題になったスポット、行ったことがある人ベースの今後行きたいスポット)で第1位となった。六本木ヒルズは、リピートしたい人を58.2%獲得してランキングで第1位になっていることから、六本木ヒルズに対する顧客満足は高いレベルにあると考えられる。他のランキングでも、今後行きたいスポットで2位、最も好きなスポットで3位に入っている。ただし、六本木ヒルズが3ヶ月以内に話題になったスポットで1位となった背景には、2004年3月26日に六本木ヒルズ内の森タワーで6才の少年が自動回転ドアに挟まれる事故があると考えられる。しかしながら、六本木ヒルズは、オープンから1年経った今でも人気を維持し続けているといえる。
 横浜みなとみらいは、ふたつのランキング(今後行きたいスポット、最も好きなスポット)で第1位となった。最も好きなスポットランキングでは17.2%と第2位のタカシマヤタイムズスクエアに約10ポイントの大差をつけた。その他の五つのランキングで上位5位以内に入っており、オープンから10年以上が経ってもなお、定番の人気スポットとして魅力を維持していることがわかる。
 今回のランキングでは、六本木ヒルズと横浜みなとみらいの新旧スポットがその人気を誇る結果となった。冒頭で述べたように、今後も都心部を中心に首都圏の開発が目白押しである。その中で現在の人気スポットがいかに鮮度を保っていくか、また新たなスポットがそれを上回る魅力を提示していけるのか、注目される。


サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2004年7月9日~11日
調査対象者:当社インターネットモニター
 20~69歳 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)在住の男女個人
有効回収サンプル数:499サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.