保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
連続ドラマ(冬編)
-SMAP人気も及ばず、「白い巨塔」強し!
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 今年もすでに1ヶ月半がたち、1月からスタートしたドラマは中盤戦に入っています。今クールのドラマの視聴率を見ると「ドラマ不況」と言われる昨今では珍しく、20%を超えるドラマが複数見られます。では、どのようなドラマが支持を得ているのでしょうか。
 今回は、2004年1月から始まったドラマと昨年から続けて放送されている連続ドラマについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「白い巨塔」が五つの項目で1位となり、後編に入っても引き続き高い支持を得ていることが分かった( No.29 連続ドラマ(秋編)では6項目で1位)。1月になって最初に放送された2時間スペシャルは25.5%(ビデオリサーチ調べ)と前編の平均視聴率を上回る高いものとなった。
 木村拓哉が主演の「プライド」は、「番組スタート前に話題にした」では約30%で、1位になったものの、「知っている」「見たことがある」「毎回欠かさず見ている」「番組スタート後に話題にした」では、「白い巨塔」に次ぐ2位となっている。「月9」と言われるこの時間帯のドラマでは、久々に25%前後の高視聴率を維持しているが、敵が「巨塔」なだけに視聴率男キムタクにもその壁は高かったといえる。
 高視聴率を競っているふたつのドラマを持つフジテレビ系で、もうひとつ注目したいドラマがある。草彅剛主演の「僕と彼女と彼女の生きる道」である。「僕と彼女と彼女の生きる道」は五つの項目でベスト3に入っており、「今後(も)見たい」では2位となっている。草彅剛が前回主演して反響を呼んだドラマ「僕の生きる道」の第二弾といえるこのドラマは、生き方、人との絆をテーマとした味わい深いものとなっている。スタート時には10%台であった視聴率も2月3日放送分では20.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)となり、じわじわと人気が上がっていることが分かる。
 最後に注目したいのが、「砂の器」である。「砂の器」は松本清張原作のベストセラー小説で、1974年に映画化された作品のドラマ版である。SMAPのリーダー、中居正広が主役を演じるこのドラマは、「知っている」では9位、「見たことがある」「番組スタート後に話題」では6位と三つの項目でベスト5にも入っていない。しかし、「見たことがあり、今後も見たい」では54.8%という高いポイントで1位となっている。原作の質の良さと、犯人役である中居が演じる影のある主人公への興味が、このドラマの固定層を生み出していると思われる。
 今期のドラマの特徴は、まず、国民的グループであるSMAPの全メンバーがドラマに出演(稲垣は「ほんとにあった怖い話」の進行役、香取は「新選組」主演)していることである。もうひとつは「白い巨塔」「砂の器」といった往年の名作がリメイクされ、現代の視聴者に受け入れられている、ということである。「白い巨塔」の快進撃は続くのか、あえて社会派ドラマに人気タレントを起用した「砂の器」は今後、視聴者を拡大していくのだろうか。今後に注目していきたい。
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2004年1月30~31日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:637サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.