日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2003.12)
自動車
-プリウス強し!ネットユーザーが選ぶカー・オブ・ザ・イヤー
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、スバル「レガシィ」シリーズに決定しました。トヨタ「プリウス」、マツダ「RX-8」をはじめ、今年は国産車・輸入車とも個性豊かなクルマが揃いました。
 カー・オブ・ザ・イヤーの審査員はモーター・ジャーナリストなど自動車の専門家ですので、今回は、ノミネートされた日本メーカー車27ブランドについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 まず、知っている車では、「プリウス」が92%で1位となった。続いて、日産「スカイライン」、ホンダ「オデッセイ」も認知率は9割以上と高い。
 テレビCMや雑誌広告で見たことがある車では、「プリウス」が75%で1位。2位の日産「キューブ3」に約10ポイントの差をつけている。「プリウス」は、周りで評判になった車でも1位となっている。また、インターネットのサイトを見にいった車は、「RX-8」が11%で1位となっており、「プリウス」は10%と僅差であるが2位、3位は日産「フェアレディZ」であった。広告などの認知率・評判という点では「プリウス」が圧倒しているが、人々の興味・関心をひくという点では「RX-8」は善戦したといえるだろう。
 買いたい車では「プリウス」が12%で1位、続いて「オデッセイ」「レガシィ」が2位、3位である。
 そして、インターネットユーザーが選ぶ"日本カー・オブ・ザ・イヤーにふさわしい車"では、「プリウス」が22%で1位、2位以下の「フェアレディZ」「レガシィ」「RX-8」などに10ポイント以上の差をつけた。
 今年の受賞は逃したが、「プリウス」はハイブリッド車の先駆的存在であり、認知率・話題性ともに高い評価を得ている。この「プリウス」は1997年の発売以来、6年ぶりにフルモデルチェンジした新型で、パーキングアシストなど世界初の先進的な機能を搭載している。このような点が、人々の関心を集めていると考えられる。今は「プリウス」がハイブリッド車の代名詞になっているが、他社メーカーからもハイブリッド車は続々と発売されつつある。今後のハイブリッド車の競争に注目していきたい。

サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2003年11月26日~27日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:640サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.