保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2003.11)
首都圏の人気スポット
1.複合施設・エリア編-依然好調な六本木ヒルズ、対して丸ビルは?
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 今年4月にオープンした六本木ヒルズの来訪者が半年で2,600万人を超えました。平日でも1日平均約10万人が訪れており(10月28日付毎日新聞)、開業当初の勢いが衰えていないことが分かります。10月18日には中心部にあたる森タワーの最上階(高度約250m)に、週末は深夜12時まで開いている「森美術館」がオープンし、六本木ヒルズに新たな魅力を加える施設となっています。また、都内では10月1日に新幹線品川駅がオープンした品川エリアや、8月に日本テレビ本社が移転した汐留エリアなどでも、新しいビルなどの開発が急ピッチで進められています。
 今回は、このような首都圏の複合施設、エリアの中から当社が任意に選んだ19のスポットについて、 首都圏在住のネットユーザーに対してアンケートを行った結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、六本木ヒルズが、3ヶ月以内訪問、今後(も)行きたい、訪問者ベースの今後意向の三つのランキングで1位となっている。また、最も好きなスポットでは、前回調査(03年5月実施)より3.4ポイントアップ(5.8%→9.2%)の2位となっている。
 それに対し丸ビルを見てみると、最も好きなスポットでは、0.8ポイントダウン(3.2%→2.4%)の11位、訪問者ベースの今後意向でも、前回から13.5マイナスと大きくポイントを下げている。オープンから1年以上たつ丸ビルは鮮度を失ったことで魅力が薄れていると思われる。
 ほかに最も好きなスポット、訪問者ベースの今後意向で注目したいスポットはイクスピアリである。最も好きなスポットでは、前回調査で2位(9%)であったが、今回は8位で3.7ポイントダウン(8.5%→4.8%)となっている。訪問者ベースの今後意向では前回の2位から9位にダウンしている。
 今回のランキングの特徴は、訪問者ベースの今後意向、いわゆる歩留りが前回より低くなっていることである。次々と新しいスポットがオープンする中で根強いリピーターを増やしていくことが困難であることが推測される。開発途中のエリアが既存の人気スポットに対し、どのような差別化を図って挑んでくるのか、また、前述の丸ビル、イクスピアリのような歩留りを落としているスポットがどのような施策で巻き返しを図るのか、今後に注目していきたい。


サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2003年10月22日~23日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)
        在住の男女個人
有効回収サンプル数:336サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.