保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2003.02)
連続ドラマ
-キムタク新ドラマ強し!最終回まで「GOOD LUCK!!」
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 新年から各局で続々と新しいドラマが始まりました。「ドラマ不況」という言葉が盛んに使われるようになった昨今ですが、果たして新ドラマは多くの視聴者を魅了することができるのでしょうか。
 今回は、2003年1月から始まった新しい連続ドラマについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは「GOOD LUCK!!」(主演:木村拓哉)が6部門で首位を獲得した。認知率では首位を「高校教師」に譲ったものの認知率、今後の視聴意向が約7割という強さ。初回は31.6%という民放連続ドラマ初回視聴率の歴代3位(ビデオリサーチ調べ)となる記録を残し、圧倒的な支持を得ているといえる。
 「高校教師」は、認知率、番組スタート前に話題にしたランキングで上位にあがった。これは、1993年に平均視聴率21.9%、最高視聴率33.0%(ビデオリサーチ調べ)を記録した話題ドラマの"新作"であるという結果であろう。しかし、他のランキングでは順位が低く、特に視聴経験ベースの継続視聴意向では15番組中9位、見た人の半数以上が今後見たいと思っていない結果となった。
 また、注目すべきは視聴経験ベースの継続視聴意向で3位に入った「スカイハイ」である。このドラマは認知率、視聴経験は低いものの、見た人の6割以上が今後も見たいとしている。テレビ朝日は週末の夜11時台の番組枠を「金曜ナイトドラマ」とし、他のドラマとは異なる放送時間帯でありながら、マニアともいえる固定客を獲得している。この枠では劇場版も公開されるほどのファンを持つ「TRICK」があり、同じくオカルト的要素を持つこのドラマも今後ヒットする可能性を秘めていると思われ、今後注目される。

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2003年1月29日~30日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳 全国男女個人
有効回収サンプル数:717サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.