日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2006.12)
携帯用デジタル音楽プレーヤー
 iPod の独り勝ち。ソニー他の追随を許さず!
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 今や携帯用デジタル音楽プレーヤーの代名詞となったアップルコンピュータの「iPod」。2001年10月の発売以来、そのデザインやスタイルが支持され、さらにその機能を最大限に引き出す「iTunes」という音楽ファイルの転送と再生リストの自動生成機能を兼ね備えたソフトウェアとの連携により、一気に市場支配するに至った。その後も相次ぐ商品投入により世界市場で圧倒的なシェアを維持し続けている。
 今回は、携帯用デジタル音楽プレーヤー25ブランドについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 全項目において上位4位を独占したiPodの強さが際立っている。「iPod(HDD内蔵型)」「mini」「shuffle」「nano」とこれまでのラインアップが軒並み上位に名を連ねている。まず認知率において、これら4ラインが60%以上を超えている。ソニーのウォークマンシリーズのトップであるAシリーズが36%で、その差は約30ポイントと知名度において大きな格差があることが確認できる。3ヶ月以内の話題や評判ではnanoの18.7%を筆頭に4ラインだけが10%を超えている。
 現在所有と最もよく使っているランキングでもnanoを筆頭にiPodは上位を占めており、複数機種の所有も多いとみられる。また今後(も)買いたいランキングも同様である。現在のiPodの中心商品はnanoと考えられる。

 nanoはmini(現在は終売)の後継機種に位置づけられ、その違いは記憶媒体がminiのHDDに対し、nanoはフラッシュメモリと、小型軽量を追求している。shuffleは液晶画面を廃し、iPodラインにおいて最も小型軽量の製品に位置づけられる。現在アップルはこの2機種にビデオ再生が可能な大容量HDDタイプの3機種を展開している。
 一方、iPodの対抗馬となるのはソニーのウォークマンシリーズであるが、現時点での巻き返しは極めて厳しい状況にあるといえる。iPodが仕様とネーミングにおいてインパクトのある新商品を矢継ぎ早に投入するのに対し、ソニーの施策は完全に後手に回っている。本調査の結果は、もはやこの市場においては「ウォークマン」ブランドの神通力も通じず、土俵際まで追い込まれていることを如実に示したといえる。



【提示25ブランド】











Apple/iPod(HDD搭載型のタイプ)
Apple/iPod mini
Apple/iPod nano
Apple/iPod shuffle
Apple/Video iPod
SONY/ウォークマン A シリーズ(NW-A)
SONY/ウォークマン S シリーズ(NW-S)
SONY/ウォークマン E シリーズ(NW-E)
SanDisk/sansa e100 シリーズ
SanDisk/sansa e200 シリーズ
KENWOOD/MEDIAkeg
KENWOOD/M2GC7











VICTOR/alneo
PANASONIC/D-snap
東芝/gigabeat
NOVAC/mp3 walker
COWONの製品
CREATIVEの製品
SEAGRANDの製品
SHARPの製品
SIGNEOの製品
アイリバージャパンの製品
三洋電機の製品
日立リビングサプライの製品
サムスンの製品

サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2006年12月7日~10日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:636サンプル


 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.