日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2006.08)
パソコン
1.デスクトップ編-type Xが牽引するバイオのブランド力
 2006年度第1四半期(4~6月)の国内のパソコン市場は、13四半期ぶりに前年同期比割となりました。しかし、個人向けの市場では、地上デジタルチューナ内蔵モデルや高性能モデルが好調で、単価下落の傾向が緩やかになっています(社団法人電子情報技術産業協会調べ)。
 今回は、デスクトップパソコンの主要19ブランドについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングも、前回(2005年12月)、前々回(2003年8月)と同様に、ソニーの「VAIO」の強さが目立った。「VAIO」以外では、NECの「VALUESTAR」や、富士通の「FMV-DESKPOWER」など、国内の老舗的パソコンメーカーの製品が上位を占めている。
 海外勢では、世界市場でシェアトップのデルコンピュータのDimensionが「家庭内で所有」で5位、「今後(も)買いたい」で6位。ipodやiTune Music Storeなどで好調な業績が続くアップル製パソコンでは、iMacが「知っている」で「VAIO」に小差の2位となったものの、「家庭内で所有」で8位、「今後(も)買いたい」で7位。2002年末に国内上陸を果たしたゲートウェイ傘下のeMachinesの「eMachines Jシリーズ」は「家庭内で所有」で12位、「今後(も)買いたい」で9位となり、いずれも国内メーカーに頭を抑えられた形である。

 さて、今回も首位を独占した形となった「VAIO」だが、その強さの要因はどのようなものだろうか。「VAIO」製品を、AV機能の強化を特徴とする「typeX」と「typeX」以外に分けてみると、「知っている」や「家庭内で所有」では、「typeX」以外の「VAIO」が優勢なものの、「3ヶ月以内に話題にした」「今後(も)買いたい」では、「typeX」がそれ以外の「VAIO」を上回り、「VAIO」全体のブランドイメージを牽引していることがうかがえる。さらに、「家庭内所有者ベースの今後の購入意向」では、「typeX」所有者の7割が、「次も『typeX』」と答えており、高いロイヤリティが形成されていることが分かる。
 しかし、「3ヶ月以内に話題にした」「今後(も)買いたい」などで「VAIO」を猛追する「VALUESTAR」や「FMV-DESKPOWER」などもAV機能を強化した商品を前面に打ち出しており、高機能競争とともにブランド間競争の激化が予想される。


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2006年7月24日~26日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:639サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.