保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2005.12)
パソコン

2.ノート編-陰りをみせるバイオ。躍進するデル
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 前回のデスクトップパソコンに引き続き、ノート型パソコンの主要17ブランドについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のノートパソコンのランキングでは、ソニー「バイオ」が、「認知率」「家庭内所有率」「3ヶ月以内に話題にしたり評判を聞いた」「今後(も)買いたい」の四つのランキングで首位であった。しかし「家庭内所有者ベースの購入意向」では5位にとどまった。これは、デスクトップパソコンのランキングと全く同じ傾向(デスクトップは4位)である。
 その「家庭内所有者ベースの購入意向」のトップはパナソニックの「レッツノート」、2位はデルコンピュータの「インスパイロン」で、ともに所有者は少ないものの、50%を超えている。また、全体を通して、バイオに次いで上位にあがっていたのは、NEC「Lavie(ラヴィ)」である。ラヴィは、「認知率」「家庭内所有率」「今後(も)買いたい」の三つのランキングで2位となった。
 対象となるブランドが異なるなど、単純な比較はできないが、当ランキングでは2年半にも同様の調査を実施している。その際も他のランキングではトップを占めたバイオであるが、「家庭内所有者ベースの購入意向」では2位であった(参照:2003年7月ノートパソコンランキング)。デスクトップ同様、バイオのブランド力は陰りを見せていることがうかがえる。
 国内メーカーのブランドがランキング上位を占める中で、外資系デルコンピュータの「インスパイロン」が健闘した。2年半前のランキング結果と比較すると全項目で順位を上げている。デスクトップ同様、デルコンピュータが世界市場シェアNO.1の実力を日本市場でも発揮しつつあることがうかがえる。


サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2005年11月14日~11月15日
調査対象者:当社インターネットモニター
 20~49歳 全国の男女個人
有効回収サンプル数:680サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.