保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2003.08)
パソコン 
1.デスクトップ編-所有率1位はバリュースター、話題になるパソコンはバイオ
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 個人消費の低迷が続いている中、今年4月~6月のパソコン国内出荷台数は2年ぶりにプラスになりました。デスクトップ型は前年同期比が108%(社団法人電子情報技術産業協会調べ)で好調といえる状況です。一昔前は主にオフィス向け、ビジネス向けに開発されていたデスクトップパソコンですが、現在は個人、家庭向けにAV機能の充実やデザインを売りにした機種が次々と発売されています。
 今回は、デスクトップパソコンの主要12ブランドについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 まず、認知率では、0.1%という僅差で1位バリュースター、2位バイオとなった。家庭内所有率でもバリュースターは16%で1位となっている。NECが訴求している「ファミリー、パーソナル、ニュースタイル」というコンセプトが消費者に受け入れられたと思われる。
 3ヶ月以内に家庭・友達で話題にした、3ヶ月以内にネットで評判や口コミをみた、今後(も)買いたいの三つのランキングではバイオが1位である。特に今後(も)買いたいランキングでは2位のバリュースターに2倍以上の差をつけており、バイオ人気の高さがうかがえる結果となった。
 家庭内所有者ベースの購入意向をみてみると、1位パワーマック(42%)、2位ディメンジョン(32%)、3位アイマック(26%)となっており、アップル社のマッキントッシュがしっかりとマックファンと呼ばれる固定層をつかんでいることが分かる。また、2位のディメンジョンは、「インターネット販売」「低価格」「徹底したサポート体制」を売りにしているデル社の製品である。現在日本でのシェアは5位(ガートナー・ジャパン調べ)であるが、米市場シェアNO.1の実力を発揮し、今後の日本市場においてどのように浸透していくのか注目したい。

サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2003年7月18日~19日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~59歳
        全国の男女個人




 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.