日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2002.12)
デジタルカメラ
-持っているのはファインピックス、欲しいのはサイバーショット
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 デジタルカメラ市場では、画素数の向上のみならず、望遠・広角のズーム、接写、動画など様々な機能を持つ新製品が次々投入され、年末商戦を迎えています。
 今回は、当社が任意に選んだデジタルカメラの21のブランドについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、所有率ではファインピックスが、認知と今後買いたい(購入意向)の比率ではサイバーショットが強さをみせた。
 ファインピックスは認知率では第3位となったものの、家庭内での所有、主に使うカメラのランキングで第1位を獲得した。
 一方のサイバーショットは、家庭内での所有率では第3位に留まったが、認知率及び今後の購入意向で第1位を獲得した。特に、既にサイバーショットを所有している人が、次もサイバーショットを買いたいという比率(所有者ベースの購入意向率)は7割を超え、高いロイヤリティを獲得している。

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2002年12月11日~12日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳 全国男女個人
有効回収サンプル数:640サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.