日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2011.05)
スマートフォン(2011年5月版)
次のリーディング端末はどれか?!
-逃げるiPhone、追うXperiaとREGZA Phone
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2010年度(2010年4月~2011年3月)の国内携帯電話出荷台数のうち、スマートフォンは前年度比約3.7倍の855万台(MM総研調べ)となり、全体の22.7%となっています。
 今回の消費者調査データでは、当社が任意に選んだスマートフォンとタブレット、ブックリーダー26ブランドを対象に、「知っている(認知率)」、「持っている(所有率)」、「今後持ちたい(購入意向率)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 前回(2011年1月調査)のランキングでは、「iPhone」ブランド(アップル)が圧倒的な強さをみせたが、今回のランキングでも「iPhone」「iPad」を擁する「iPhone」ファミリーの製品は、認知、口コミ(半年以内に話題にした)、所有率、購入意向(今後持ちたい)の4項目でトップ3を独占するなど、強さをみせている。
 しかし、製品のインパクトをみるため、認知者ベースの口コミ発生率では、NTTドコモの「GALAXY SSC-02B(サムスン)」「GALAXY TabSC-01C(サムスン)」が2位と小差の3位と4位に食い込んだほか、auの全部入り(ワンセグやおサイフケータイなど国内向けの機能も併せて搭載したスマートフォン)の「IS03(シャープ)」が5位にランクインするなど、Android端末が健闘している。
 また、口コミベースの購入意向率では、2月10日発売の「REGZA Phone IS04(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ)」が3位に、3月24日発売のドコモの「Xperia arc SO-01C(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ)」が4位に入り、Android端末の新機種への期待がうかがえる。

 先行する「iPhone」ファミリーを追うAndroid陣営は、2011年夏モデルとしてNTTドコモは9機種(春モデルで3種が発売済み)、auは6機種の投入を発表しており、Android端末は、全部入り、薄型、入門機などさまざまな特徴をそなえた豊富なラインナップを揃えてきた。追われる「iPhone」も、4月に「iPhone 4」のホワイトを発売、次世代機発売の噂も流れている。
 2011年度はスマートフォン出荷台数は、携帯電話端末全体(3,890万台と予測)の約 半分を占めると見込まれており、急速に拡大する市場での競争はさらに激しくなると予想される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示26商品】
  • ソフトバンク iPhone 4 (アップル)
  • ソフトバンク iPad 2 (アップル)
  • ソフトバンク iPad (アップル)
  • ソフトバンク iPhone 3/3GS (アップル)
  • ドコモ GALAXY SSC-02B (サムスン)
  • ドコモ GALAXY TabSC-01C (サムスン)
  • ドコモ REGZA PhoneT-01C (東芝)
  • ドコモ Xperia arkSO-01C (ソニー・エリクソン)
  • ドコモ XperiaSO-01B (ソニー・エリクソン)
  • au REGZA Phone IS04 (東芝)
  • Amazon Kindle3 (Amazon.com)
  • au IS05 (シャープ)
  • ソフトバンク GALAPAGOS 003SH (シャープ)
  • Sony Reader (ソニー)
  • au SIRIUS α IS06 (Pantech)
  • au IS03 (シャープ)
  • GALAPAGOS EB-WX1GJ (シャープ)
  • GALAPAGOS EB-W51GJ (シャープ)
  • ソフトバンク GALAPAGOS 005SH (シャープ)
  • ドコモ LYNX 3D SH-03C (シャープ)
  • ドコモ Optimus chat L-04C (LGエレクトロニクス)
  • au biblio leaf SP02 (Foxconn)
  • ドコモブックリーダー SH-07C (シャープ)
  • ソフトバンク HTC Desire HD 001HT (HTC)
  • NEC BIGLOBE Smartia (NEC)
  • ソフトバンク DELL Streak 001DL (DELL)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年3月25日~3月28日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,052サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.