保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2011.02)
スマートフォン(2011年2月版)
iPhoneの独走続くも、Android端末の巻き返しの兆候
-アップル vs グーグルの代理戦争の縮図
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 従来の日本の携帯電話市場は、iモードに代表される世界標準とは違う独自の進化を遂げることで、「ガラパゴス化」といわれていました。しかし 2008年にアップルが「iPhone 3G」を発売し、日本におけるスマートフォン市場を創造しました。2010年になると、グーグルがモバイル向けプラットフォームとして開発した「Android」を搭載した端末が相次いで発売され、市場が拡大しつつあります。
 今回の消費者調査データでは、当社が任意に選んだスマートフォン23ブランドを対象に、「知っている(認知率)」、「購入したい(購入意向)」、「買ったことのある(購入経験率)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査項目7項目中すべてでソフトバンクモバイルの「iPhone」ブランド(アップル)が首位を独占という結果になった。とくに 2010年6月発売の最新型「iPhone4」は、「購入した(購入経験)」で0.2ポイントという僅差で「iPhone3G / 3GS」に次ぐ2位となったほかは、6項目で首位を獲得するなど独走状態にある。さらに購入経験3%に対して、今後の購入意向(「今後(も)購入したい」)は、12%となっており、「iPhone」ブランドの勢いはまだまだ続くとみるべきであろう。
 一方、携帯電話最大手のNTTドコモ陣営では、「GALAXY S(サムスン電子)」「REGZA Phone T-01C(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ)」「Xperia(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ)」「BlackBerryR RIM」などが10位以内にランクインしている。しかし、認知率や広告接触率(「広告をみたことがある」)において、トップの「iPhone4」とドコモ陣営トップの「GALAXY S」との差は認知率で26.1ポイント、広告接触率で21.4ポイントと大きく水をあけられている。また同じく購入意向も8.4ポイント差である。
 スマートフォン対応への遅れが指摘されているauだが、ワンセグやおサイフケータイの機能を備えた「IS03(シャープ)」が、認知者ベースの購入意向で3位、広告接触ベースの購入意向で2位と健闘するなど巻き返しの兆しがみえている。

 携帯電話の個人利用率が約9割に達している国内市場(総務省「情報通信白書」より)において、携帯電話キャリア3強は顧客の囲い込みのための料金体系の変更や価格競争など消耗戦を繰り広げている。一方で、加入者一人あたりの月間売上高(ARPU :Average Revenue Per User)が低下している。ARPUは音声通話料とメールなどのデータ通信料に大別されるが、音声通話による収入は頭打ちの傾向が強まっており、各キャリアはデータ通信を応用した新サービスによるARPU増大に力を入れている。スマートフォン普及はアプリケーションの利用拡大を鍵を握っている。
 国内の携帯電話市場は、「2013年ごろにスマートフォンとiモード機は新規販売数で逆転する」(NTTドコモ・山田隆持代表取締役社長)というようにスマートフォンへとシフトが急速に進んでいく。現状のスマートフォン市場はアップル「iPhone」独走状態だが、「Android」も無償のオープンソースという特性を活かして陣営を拡大させている。いわば「アップル vs グーグル」の代理戦線ともいえる、スマートフォン市場の動向が注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示23ブランド】
  • ソフトバンク iPhone 4 アップル
  • ソフトバンク iPhone 3 / 3GS アップル
  • ソフトバンク htc Desire HTC
  • ソフトバンク DELL Streak DELL
  • ソフトバンク Libero ZTE
  • ソフトバンク GALAPAGOS 003SH シャープ
  • ソフトバンク iPad アップル
  • ドコモ REGZA Phone
    富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
  • ドコモ BlackBerryR
    Research In Motion Limited
  • ドコモ GALAXY S サムスン電子
  • ドコモ Xperia
    ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
  • ドコモ LYNX シャープ
  • ドコモ GALAXY Tab SC-01C サムスン電子
  • AU IS01 シャープ
  • AU IS02
    富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
  • AU IS03 シャープ
  • AU IS06 SIRIUS
    パンテック・ワイヤレス・ジャパン
  • イー・モバイル htc Aria HTC
  • イー・モバイル Touch DIAMOND HTC
  • イー・モバイル Dual DIAMOND HTC
  • イー・モバイル EMONSTER HTC
  • イー・モバイル EM・ONEα シャープ
  • WILLCOM Q-ZERO3 シャープ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年1月19日~1月24日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,070サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.