保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2009.05)
ファーストフード(2009年版)
巨人マックに死角はあるか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 景気の低迷、消費の不振が続くなかで、ファーストフードは対前年同月比で6ヶ月連続プラス(社団法人日本フードサービス協会:2008年10月~2009年3月 全店売上高)など、堅実な成長を続けている。
 今回は、主要ファーストフード21チェーンについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 本コーナーでは、ファーストフードについてのランキングを過去3回実施しているが、前回(2007年)前々回(2006年)では、業界首位の「マクドナルド」が利用率で圧倒的な強さを誇る一方で、独自路線を歩む「モスバーガー」が根強いファンを獲得している、という構図がみられた。
 今回のランキングでも、「マクドナルド」の利用率は際だって高い。特に「利用が増えたチェーン」で2位に3倍以上の差をつけ、「6ヶ月以内に最もよく利用した」では、他の全チェーンの全合計を上回るなど、独走態勢にはずみがついた印象である。
 さらに、ロイヤリティの指標である「6ヶ月以内の利用者ベース 今後(も)利用したい」という項目でも首位を奪うなど、ファンの獲得でも「モスバーガー」を逆転し、全方位の強さをみせつけた。
 景気の低迷や消費者の節約志向が強まるなか、低価格商品を充実させる一方で、「メガマック」や「クォーターパウンダー」などのヒット商品を連発、支持を獲得した「マクドナルド」が、まさに「ひとり勝ち」の様相となっている。

 「マクドナルド」を追う他チェーンでは、ロイヤリティトップの座を「マクドナルド」に明け渡した「モスバーガー」が「ミスタードーナッツ」と提携し、「モスド」と銘打った新商品を発売するなどの動きはあるものの、「吉野家」や「モスバーガー」「ロッテリア」が値下げを行うなど、低価格化の動きが目立つ。
 節約志向による消費者の外食離れが進むなか、生き残りをかけたファーストフード業界では、苛烈な体力勝負が続いている。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






【提示21チェーン】
  • マクドナルド
  • ファーストキッチン
  • ケンタッキーフライドチキン
  • モスバーガー
  • ロッテリア
  • ウェンディーズ
  • フレッシュネスバーガー
  • ベッカーズ
  • ドムドムハンバーガー
  • バーガーキング
  • サブウェイ
  • ミスタードーナッツ
  • アンドナンド
  • クリスピークリームドーナッツ
  • カレーハウスCoCo壱番館
  • 吉野家
  • 松屋
  • すき家
  • なか卯
  • 天丼てんや
  • 築地銀だこ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2009年4月10日~14日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:632サンプル
サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.