保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2008.11)
No.75 ネットスーパー・宅配サービス(2008年版)
成長業界の首位を争うアイワイネットとオンラインパルサービス
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 インターネットで注文を受け付け、主に個人宅まで最短2~3時間で注文商品を届ける「ネットスーパー」「ネット宅配」事業に、この秋ダイエーや楽天などが参入、イトーヨーカ堂やユニーは事業拡大を表明しています。
 今回は食品を扱うネットスーパーや食材宅配事業者13社について、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 まず、ネットスーパーや宅配の認知度をみると、「おいしっくす」「らでぃっしゅぼーや」の専業の宅配サービスが35.7%で同率トップである。
 しかし、「利用経験」「現在利用(月1回以上)」「周囲の人が利用している」の3項目では、パルシステム生活協同組合連合会の「オンラインパルサービス」がトップ、イトーヨーカドーの「アイワイネット」が「現在利用」と「周囲が利用」の2項目で2位、「今後(も)利用したい」ではアイワイネットが首位、2位がオンラインパルサービスと、リアルの店舗を持つネットスーパーが上位にランクインしている。また、ユーザーの継続利用の指標である「利用したことのある人ベースの今後(も)利用したい」の項目では、首位がアイワイネット、続いて西友の「西友ネットスーパー」、セブン-イレブン・ジャパンの「セブンミールサービス」、オンラインパルサービスと、こちらもネットスーパーが上位を独占した。
 今回提示した13社では、ネットスーパーのアイワイネットとオンラインパルサービスが首位を争い、宅配専業のおいしっくすが追走するという構図がみてとれる。

 今回の調査では、認知率のもっとも高いおいしっくすやらでぃっしゅぼーやで3割台、利用率ではもっとも高かったオンラインパルサービスでも5%に届いておらず、ネットスーパーや宅配の利用はまだ少ないことが分かる。
 しかし、利用経験者に限ってみれば上位各社のリピート意向は5割を超えており、働く女性や高齢者などネットスーパーや宅配にメリットを感じるであろう層の増加もあることから、ネットスーパーや宅配の「伸びしろ」は大きいといえるだろう。
 イトーヨーカドーやパルシステム生活協同組合連合会などリアルの店舗を持つネットスーパーがリアルの店舗との相乗効果を発揮してこのまま伸びていくのか、おいしっくすやらでぃっしゅぽーやなど「有機・無添加」などの個別の特色が評価されるのか、本格的な決戦の季節はこれから訪れる。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






【提示13ネットスーパー】
  • アイワイネット(イトーヨーカドー)
  • 西友ネットスーパー(西友)
  • セブンミールサービス(セブン- イレブン・ジャパン)
  • オンラインパルサービス(パルシステム生活協同組合連合会)
  • らくちん君(サミット)
  • マルエツネットスーパー(マルエツ)
  • フレッシュヤオコー(ヤオコー)
  • 阪急キッチンエール(阪急百貨店)
  • おいしっくす(オイシックス)
  • らでぃっしゅぼーや
  • 大地を守る会
  • あす楽(楽天市場)
  • Amazon 食品&飲料ストア(Amazon.co.jp)

サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2008年10月30日~11月4日
調査対象者:当社インターネットモニター
        15歳~69歳
        全国 男女個人
有効回収サンプル数:1,068サンプル

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.