日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.03)
コンビニエンスストア(2007年版)
2.満足度も磐石の3強、安さに活路見いだすSHOP99
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
コンビニエンスストア(以下CVS)ランキング前半の各チェーンの認知・利用状況では、セブン-イレブンが大きく抜きんでて、それをローソンとファミリーマートが追うという形がみられました。では、そのセブン-イレブンを筆頭とした3強の強さの理由はどこにあるのでしょう。
 CVSランキングの後半である今回は、広域に展開するCVSチェーン18社について、利用者の満足度に関連する商品やサービスの充実度、接客について、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでも、7項目中、5項目で、首位にセブン-イレブン、2位にローソン、3位にファミリーマートというパターンとなった。
 前半のランキングでは圧倒的な強さをみせたセブン-イレブンだが、今回のランキングでも「(牛乳、生菓子、パンなどの)日配食品が充実している」と「オリジナル商品が充実している」の2項目で2位に10ポイント以上の差をつけた。物流の効率化に重点を置くセブン-イレブンの戦略が、日配食品の充実度に貢献しているものと考えられる。さらに、オリジナル商品の充実度もセブン-イレブンの魅力のひとつとなっていることがうかがえる。
 では、2位以下の争いはどうなっているだろうか。2006年のランキングとの比較でみてみると、前回は3位内にSHOP99(「価格が安い 1位」「非食品が充実 2位」)、ミニストップ(「オリジナルが充実 2位」)、ココストア(「価格が安い 2位」)の3チェーンがランクインしていたが、今回はSHOP99(「価格が安い 1位」「非食品が充実 2位」)のみである。3強のポジションがより強化されたといえるだろう。
 また、2位ローソンを追う3位ファミリーマートは、「サービスが充実」の項目で、前回の12.8ポイント差から今回7.0ポイント差につめてきており、ここでも激化する2位争いの構図がみてとれる。

 CVS市場が成熟を迎え、チェーン各社は、いかに「競合にない魅力」を提供し、利用者の満足を獲得するかにしのぎを削っている。大手の影響力が強まり、中堅以下のチェーンが苦戦を強いられているなかで、SHOP99の「低価格・幅広い品揃え」というポジション獲得の成功は、競争市場でのひとつの方策として注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






【提示18コンビニエンスストア】
  • セブン-イレブン
  • ロ-ソン
  • ファミリ-マート
  • サークルK
  • サンクス
  • ミニストップ
  • デイリ-ヤマザキ
  • am/pm
  • ココストア
  • コミュニティ・ストア
  • スリ-エフ
  • ハート・イン
  • ポプラ
  • モンマート
  • SHOP99
  • NEWDAYS
  • アズナス
  • アンスリー

サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2007年12月13日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター
        20歳以上
        全国 男女個人
有効回収サンプル数:1,126サンプル

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.