保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
コンビニエンスストア(2007年版)
1.独走セブン-イレブン、激化するローソン、ファミリーマートの2位争い
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 2007年の国内のコンビニエンスストア(以下CVS)の店舗数は0.8%増の40,929店、売上高は、全店ベースで前年同期比1.3%増、既存店ベースでは1.0%減(社団法人日本フランチャイズチェーン協会)となり、新規出店でかろうじて業界としての成長を担保する状況が続いています。
 今回は、CVSチェーン18社について、当社のインターネットモニターに行った調査結果を2回に分けてランキング形式でお届けします。まず1回目の今回は、各社の認知・利用状況をご覧下さい。

 まず、CVS各社の「知っている」ランキングをみると、セブン-イレブンを筆頭に8位の「am/pm」までが8割台に乗せており、全国展開をしている大手チェーンの知名度の高さがうかがえる。
 しかし、「ふだん利用できる」「3ヶ月以内に利用した」「今後(も)利用したい」などのランキングをみていくと、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの3者が4位以下に2倍以上の差をつけて大きく引き離すという構図に変わる。さらに、「もっとも利用したい」「利用できるCVSベースでもっとも利用したい」ランキングでは、セブン-イレブンがローソン、ファミリーマートに2倍以上の差をつけている。独走するセブン-イレブンをローソン、ファミリーマートが追う形である。
 また、CVSについての今までの「ランキング情報」をみていくと、セブン-イレブンの独走は変わらないものの、「もっとも利用したい」ランキングをみると、2位争いの激化がみられる。
 2005年のランキングでは、2位ローソンと3位ファミリーマートの差は5.6ポイント、2006年では5.8ポイントであったが、今回の調査では1.4ポイントまで接近している。セブン-イレブンの磐石の強さの陰で2位争いが激化してきているといえよう。

 CVSの店舗が約3,000人に1店の割合で展開されている現在、CVS大手各社は、集中展開型のセブン-イレブン、全国展開型のローソン、海外展開に力を注ぐファミリーマートなど、独自の戦略を打ち出しているが、成長の頭打ちは避けられない。業界首位のセブン-イレブンが逃げ切り体制に入っているなか、ローソンとファミリーマートの2位の座をめぐる顧客の獲得競争はこれからも激化していくことが予想される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






【提示18コンビニエンスストア】
  • セブン-イレブン
  • ロ-ソン
  • ファミリ-マート
  • サークルK
  • サンクス
  • ミニストップ
  • デイリ-ヤマザキ
  • am/pm
  • ココストア
  • コミュニティ・ストア
  • スリ-エフ
  • ハート・イン
  • ポプラ
  • モンマート
  • SHOP99
  • NEWDAYS
  • アズナス
  • アンスリー

サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2007年12月13日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター
        20歳以上
        全国 男女個人
有効回収サンプル数:1,126サンプル

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.