日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2005.02)
コンビニエンスストア
2.セブン-イレブンが高い満足度を獲得、地域展開を進めるセイコーマートが健闘
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 日本のコンビニエンスストア(以下、CVS)の総店舗数は4万店を超えています。私たちのふだんの生活において最も多く目にする業態といっても過言ではありません。その中で選択され、利用し続けてもらうためには競合にない魅力を提供し、高い満足を獲得し続けなければなりません。
 今回は、広域に展開するCVSチェーン20社が提供している商品やサービスの充実度、そして接客について、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、掲載された六つ全てのランキングでセブン-イレブンが首位を獲得した。前回のランキングに引き続き、今回もセブン-イレブンの強さが際立った。特に最近の重視している「接客に好感が持てる」では、約半数の支持を得た。また「日配食品が充実している」「加工食品が充実している」「非食品が充実している」「サービスが充実している」の四つのランキングでは、1位セブン-イレブン、2位ローソン、3位ファミリーマートとなった。業界トップ3の満足度の高さがうかがえる。
 業界トップ3以外が健闘したランキングがふたつある。ひとつは「オリジナル商品が充実している」で、2位のセイコーマートと4位のミニストップが業界トップ3の中に割り込んだ。ふたつめは「接客に好感が持てる」で、3位のセイコーマートと4位コミュニティ・ストアがファミリーマートを押さえて上位に入った。
 特にセイコーマートは、今回の六つのランキング全てで4位以内に入った。実際、同社のうりは、約480品(ホームページ掲載情報 2005年2月現在)と多くのオリジナル商品を提供することである。リテールブランド商品(RB商品)と呼ぶオリジナル商品を自ら開発し、1995年から発売を続けている。オリジナル商品のうち約250品は、合成着色料や合成保存料を使用しない健康志向食品である。こうしたオリジナル商品が消費者の満足につながっている様子が、今回のランキングからうかがえる。


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2005年2月4日~2月6日
調査対象者:当社インターネットモニター
 20~69歳 全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,097サンプル
サンプル構成(%)
 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.