保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2014.12)
消費者調査 No.202 淹れたてコーヒー店(2014年12月版)
スターバックスをも凌ぐ圧倒的な満足度のセブンカフェ


 国内の喫茶店の店舗数は減少の一途をたどっていますが、2013年はコンビニやファーストフード店の淹れたてコーヒーがヒットし、コーヒーの消費は伸びています。牽引車はレギュラーコーヒーで、消費量は過去最高となりましたが、2014年上期は前年を上回る勢いとなっています。

 今回は、当社が任意に選んだ29チェーンについて、「知っている(認知)」、「近くに店がある(近隣立地)」、「最近3ヶ月以内に広告・記事を見たことがある(情報接触)」「利用したことがある(利用経験)」「過去3ヶ月以内に利用したことがある」 「今後(も)利用したいと思う(今後意向)」、「利用経験者における今後の利用意向(再利用意向)」という7項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします(※調査は2014年7月)。


 今回のランキングでは、前回までの一般的なコーヒーチェーンに加え、2013年1月にサービスを開始したセブン-イレブンの「セブンカフェ」などのコンビニエンスストアなどの淹れたてコーヒー(カウンターコーヒー)も対象とした。その結果、前回と同様、認知や利用経験では、「老舗」ともいえる「スターバックス」や「ドトール」がそれぞれ1位と2位を確保したものの、4項目で「セブンカフェ」がトップを獲得した。特に近隣立地では2位以下に20.4ポイント、ユーザーの満足度を示す指標である再利用意向では17.5ポイント、3ヶ月内情報接触では13.7ポイントと2桁の差をつけている。利用しやすい近隣の立地と、1杯100円という低価格で固定ユーザーをつかんでいるといえる。

 再利用意向の上位をみると、トップの「セブンカフェ」を筆頭に、ファミリーマートの「ファミマカフェ」が66.2%の2位、ローソンの「マチカフェ」が65.1%で4位となったほか、ミニストップの「M's STYLE COFFEE」など、トップ5のうち4チェーンをコンビニエンスストアの淹れたてコーヒーが占めており、人気のほどがうかがえる。


 セブン-イレブンは2015年2月期の「セブンカフェ」の販売目標を6億杯から7億杯に上方修正、ローソンやファミリーマートは淹れたてコーヒーの対象店舗を拡大、JR東日本やJR東海もエキナカでの淹れたてコーヒーを展開するなど「コーヒー戦争」が激化するなか、2015年には米国で人気の「サードウェーブコーヒー」の代表的チェーン「ブルーボトルコーヒー」の国内進出も予定されている。目まぐるしく移り変わる市場にどのようなインパクトがもたらされるのか、注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。







【提示29ブランド】
  • セブンカフェ(セブン- イレブン)
  • マチカフェ(ローソン)
  • ファミマカフェ(ファミリーマート)
  • FAST RELAX CAFE (サークルK サンクス)
  • M's STYLE COFFEE(ミニストップ)
  • プレミアムローストコーヒー(マクドナルド)
  • ロッテリアのコーヒー
  • 挽きたてリッチコーヒー(ケンタッキーフライドチキン)
  • ミスドの淹れたてコーヒー(ミスタードーナツ)
  • すき家(牛丼屋)の淹れたてコーヒー
  • 「KULA CAFE 」(くら寿司)
  • カフェ ネスカフェ
  • ドトールコーヒー
  • スターバックスコーヒー
  • タリーズコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • エクセルシオール・カフェ
  • サンマルクカフェ
  • プロント
  • ベックスコーヒーショップ
  • シアトルズベストコーヒー
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • 珈琲館
  • UCC 上島珈琲店
  • 喫茶室ルノアール
  • コメダ珈琲店
  • ミヤマ珈琲
  • 星乃珈琲店

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2014年7月23日~28日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,037サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.