保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2013.10)
消費者調査 No.185 総合スーパー・食品スーパー(2013年10月版)
総合力のイオン、再利用意向の高い食品スーパー
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 スーパー大手は2013年の3-8月期決算を発表、業界1位のイオンと、2位のセブン&アイ・ホールディングスの両社とも、本業のもうけを示す営業利益は増益となりました。
 今回は、当社が任意に選んだ27の総合スーパー・食品スーパーのチェーンについて、「知っている(認知率)」、「利用したことがある(利用経験率)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向率)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2012年版)と同様、全ての項目で「イオン」が首位となった。項目別では、3ヶ月内利用の49.8%、今後の利用意向の55.8%、再利用意向の75.1%などが目を引く。これらは前回(2012年版)とほぼ同様の数字で、前年割れが続くチェーンストア業界で安定した顧客の取り込みに成功しているといえる。
 また認知や利用経験、今後の利用意向では、2位に「イトーヨーカドー」、3位は「西友」やイオン傘下の「ダイエー」など総合スーパーがランクインしているが、再利用意向では、2位グループに「まいばすけっと」「ピアゴ」「ヤオコー」などがランクインしている。地域密着型で高頻度で来店する顧客の獲得に成功した強い食品スーパーとして知られているチェーンである。

 消費マインドは上向いてきてはいるものの(参考:提言論文「消費税増税のインパクトと消費の行方」)、2014年4月には消費税増税が控えている。
 チェーン各社は、PBの拡大や、惣菜の強化、シニアへの対応強化などの施策を掲げ、同業他社に加えて、ネット通販やコンビニエンスストアなど、業態を超えて激化する競争下での勝ち残りを目指している。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示27チェーン】
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • アピタ
  • ピアゴ
  • ダイエー
  • 西友
  • 平和堂
  • イズミヤ
  • イズミ ゆめタウン
  • フジ
  • 紀ノ国屋
  • クイーンズ伊勢丹
  • 成城石井
  • サミット
  • マルエツ/マルエツプチ
  • オオゼキ
  • オリンピック
  • ライフ
  • ヤオコー
  • グルメシティ
  • ヨークマート
  • ヨークベニマル
  • マックスバリュ
  • いなげや
  • まいばすけっと
  • バロー
  • オークワ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年9月6日~9日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,002サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.