日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.10)
消費者調査 No.184 コンビニエンスストア(2013年10月版)
セブン-イレブン独走続く
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 国内のコンビニエンスストア(以下CVS)の店舗数は、かつて上限と言われていた5万店を2012年10月末に突破しましたが、業界最大手の「セブン-イレブン」を筆頭に大手3チェーンはなお大量出店を続けています(参考:戦略ケース 「出店飽和説を超えて拡大続けるセブン-イレブン」)。
 今回は、当社が任意に選んだCVS16チェーンについて、「知っている(認知率)」自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2007年版)と同様、全ての項目で「セブン-イレブン」が首位を獲得、業界2位と3位の「ローソン」と「ファミリーマート」が、それぞれ全項目2位と3位となった。4位以下には、「サークルKサンクス」「ミニストップ」などがあがってきているが、上位3チェーンとの差は大きい。特に、3ヶ月内利用や今後の利用意向などではダブルスコアとなっており、上位集中が進んでいることがわかる。

 CVSは、オーバーストアによる同業他チェーンや、ドラッグストアなど他業態との厳しい競争にさらされており、上位チェーンでも既存店ベースでは前年割れもみられる。
 各チェーンは、他チェーンとの差別化や顧客の囲い込みのフックとして、おにぎり、パン、弁当に加えて、カップ麺やデザート、アイスクリーム、ビールなどの分野でPBや、メーカーとの協業による自社限定商品などに注力してきたが、最近ではセルフ式のドリップコーヒーがヒット商材として注目を集めている(参考:戦略ケース 「コンビニコーヒーはCVS競争の新ステージの幕開け」)。
 多様な商品、サービスを武器に、CVSの競争は、ますますヒートアップしていくと思われる。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示16チェーン】
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • ファミリ-マート
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ
  • ミニピアゴ
  • デイリーヤマザキ
  • ココストア
  • コミュニティ・ストア
  • スリ-エフ
  • ポプラ
  • NEWDAYS
  • セイコーマート
  • セーブオン

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年9月6日~9日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,002サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.