保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2013.09)
消費者調査 No.183 コーヒーチェーン(2013年9月版)
強者スターバックスと老舗ドトールを追うコメダ珈琲店
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 国内のコーヒーチェーンは、1980年に「ドトールコーヒー(以下ドトール)」が東京・原宿にセルフ式の1号店を出店したのを皮切りに、1990年代には、「スターバックスコーヒー(以下スターバックス)」(1996年出店)、「タリーズコーヒー(以下タリーズ)」(1997年出店)、「セガフレードザネッティ」(1998年出店)、「シアトルズベストコーヒー」(1999年出店)など外資系のセルフチェーン上陸が相次ぎ、ブームを巻き起こしましたが、最近では再びフルサービス型の喫茶店が注目されています。
 今回は、当社が任意に選んだコーヒーチェーン21チェーンについて、「知っている(認知率)」「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、前回(2012年2月版)と同様、全ての項目で「スターバックス」が首位、それを「ドトール」が追う展開となった。また、前回は「タリーズ」と「サンマルクカフェ」が3位グループを形成していたが、今回はそこに「コメダ珈琲店」が加わり、上位2チェーンに迫る勢いをみせている。
 「スターバックス」は、認知、3ヶ月内利用、今後の利用意向などの項目で、2位の「ドトール」に10ポイントの差をつけた。これらの項目では、前回よりも2位以下との差は広がっており、ブランド力はさらに強化されたといえるだろう。
 しかし、ユーザーの満足度の指標である利用者ベースの今後の利用意向(再利用意向)では、「スターバックス」67.5%に対し、「ドトール」64.4%、「コメダ珈琲店」61.3%と、上位3チェーンが60%を超えており、「スターバックス」以外の上位チェーンにも厚い固定ファン層が存在していることがうかがえる。

 今回、再利用意向で3位の「コメダ珈琲店」は、愛知県を中心に497店舗(2013年5月末現在)を展開するフルサービス型喫茶チェーンだ。郊外のロードサイドなどへの積極出店で、今年度中に「タリーズ」の店舗数を抜いて業界3位に躍り出る見通しである。居心地の良さと、フードメニューの充実を武器に団塊の世代のリタイヤメントや専業主婦などを取り込み、2012年には日本版顧客満足度指数のカフェ部門第1位を獲得している。
 既存のコーヒーチェーンも、「ルノアール」を展開する銀座ルノアールが「ミヤマ珈琲店」を、「ドトール」の関連企業が「星乃屋珈琲店」を展開するなど、フルサービス型業態に積極的に進出している。
 フルサービス型の喫茶チェーンが、コンビニエンスストア(参照:戦略ケース コンビニコーヒーはCVS競争の新ステージの幕開け)やファーストフードのコーヒーとの競争など、厳しさを増すカフェ業界(参照:戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争)の成長の牽引車となれるかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示21チェーン】
  • カフェミラノ
  • エクセルシオール・カフェ
  • カフェ・コロラド
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • サンマルクカフェ
  • シアトルズベストコーヒー
  • スターバックスコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • タリーズコーヒー
  • ドトールコーヒー
  • ブレンズコーヒー
  • プロント
  • ベックスコーヒーショップ
  • 喫茶室ルノアール
  • 珈琲館
  • UCC 上島珈琲店
  • コーヒーハウス・シャノアール
  • コメダ珈琲店
  • カフェ ネスカフェ
  • ミヤマ珈琲

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2013年9月6日~9日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,002サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.