保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2012.10)
消費者調査 No.159 総合スーパー・食品スーパー(2012年10月版)
好調イオンが首位を独走
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年に入ってから、チェーンストアの売り上げは低迷し、業界としては3月から8月まで6ヶ月連続で前年割れを続けていますが、個別には高い成長をとげている企業もみられます。
 今回は、当社が任意に選んだ32の総合スーパー・食品スーパーについて、「知っている(認知率)」、「利用したことがある(利用経験率)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」などの項目をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、総合スーパー(GMS)最大手の「イオン」が際だった強さをみせつけた。
 「イオン」は、10項目中8項目で首位を獲得、さらに残りの2項目もイオングループの食品スーパー「まいばすけっと」が獲得するなど、グループとして首位を独占した。イオンは、居住地域での利用可能で2位に19.1ポイント差の58.4%を獲得、6割近いカバー率を誇るほか、今後の利用意向でも53.0%と、2位に21.5ポイントの大差をつけ首位となった。さらに前年と比べた利用増加の項目でも17.8%と唯一2桁を獲得。利用者の満足度を表す指標である、利用者ベースの今後の利用意向でも73.9%で首位となった。
 グループ企業の「まいばすけっと」は290店舗(2012年10月現在)で、居住地域での利用可能では18位だが、利用できる人ベースの利用が増加した店舗では36.7%となっており、急成長を裏付けている。
 また、店舗数118(2012年3月末現在)の食品スーパー「ヤオコー」は、認知では20位外、居住地域での利用可能で17位、利用経験で20位だが、利用者ベースの利用増で3位、利用者ベースの利用意向で4位と、高いロイヤリティを得ている。

 イオンは、全国417店舗(2012年6月現在)で、同じくGMS大手の「イトーヨーカ堂」の173店舗(2012年7月現在)を大きく引き離しており、店舗数、売上ともNo.1のGMSで、規模の経済性を活かした高い浸透度を誇っている。一方、満足度などで好順位を得ている「ヤオコー」は、関東の一部都県にのみ出店し、ミールソリューションで高い評価を得るという特徴をもっている。面で商圏をおさえるGMSのなかで、食品スーパーの生き残るひとつの道を示しているといえるだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示32社】
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ピアゴ
  • ダイエー
  • 西友
  • 紀ノ国屋
  • クイーンズ伊勢丹
  • 成城石井
  • ザ・ガーデン自由が丘
  • ピーコックストア・大丸ピーコック
  • 三浦屋
  • 京王ストア
  • 京急ストア
  • 東急ストア
  • 東武ストア
  • 小田急OX
  • サミット
  • マルエツ
  • オオゼキ
  • オリンピック
  • ライフ
  • ヤオコー
  • グルメシティ
  • 平和堂
  • イズミヤ
  • ヨークマート
  • ヨークベニマル
  • マックスバリュ
  • いなげや
  • まいばすけっと
  • マルエツプチ
  • ミニピアゴ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年9月14日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,031サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.