保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2012.02)
消費者調査データ No.137 コーヒーチェーン(2012年2月版)
スターバックスはドトール、タリーズを振り切るか
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 コーヒーチェーンを含む「喫茶店」市場は、1982年をピークに減少を続けてきましたが、2010年の売上は、対前年比100.6%と底打ちの兆しをみせています。
 今回は、当社が任意に選んだ18のコーヒーチェーンについて「知っている(認知率)」、「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」、「利用したことある(利用経験率)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」などの項目でインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「スターバックスコーヒー(以下スターバックス)」が首位を独占した。2位以下との差が大きい項目は、「スターバックス」は、今後の利用意向(11.6ポイント差)、利用経験(11.4ポイント差)などで、広い層から好意的な評価を得ている。
 「スターバックス」を追うのは「ドトールコーヒー(以下ドトール)」と「タリーズコーヒー(以下タリーズ)」である。「ドトール」と「タリーズ」は、上記の3項目では「スターバックス」に差をつけられているものの、再利用意向では「ドトール」が5.4ポイント差、「タリーズ」が7.4ポイント差につけている。4位の「サンマルクカフェ」、5位の「シアトルズベストコーヒー」がそれぞれ17.4ポイント、17.6ポイント差である。コーヒーチェーンは、前回のランキングでは「スターバックス」とドトールの2強構造だったが、今回は「タリーズ」が加わった3強体制、そのなかで「スターバックス」優位が明確にみられる構図といえよう。

 2011年のコーヒーチェーンの市場環境は、東日本大震災に加え、コーヒー豆などの原材料高騰で逆風となった。業績は「ドトール」が12ヶ月すべて前年割れで、震災直後の3月は前年同月比10.6%減となったのに対し、「スターバックス」の前年割れは3月、4月の2ヶ月のみであった。このまま「スターバックス」がさらに差を広げるのか、「ドトール」「タリーズ」が追いすがっていくのかが注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示18チェーン】
  • カフェミラノ
  • エクセルシオール・カフェ
  • カフェ・コロラド
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • サンマルクカフェ
  • シアトルズベストコーヒー
  • スターバックスコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • タリーズコーヒー
  • ドトールコーヒー
  • ブレンズコーヒー
  • プロント
  • ベックスコーヒーショップ
  • 喫茶室ルノアール
  • 珈琲館
  • UCC 上島珈琲店
  • コーヒーハウス・シャノアール

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年11月16日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,024サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.