日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.01)
消費者調査データ No.135 レストランチェーン(2012年1月版)
逆風下で首位を争うガストと王将
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 外食産業のうち、チェーンレストランを含むレストラン・食堂部門の市場規模は、1997年をピークに縮小を続けており、2005年に底を打ったかと思われましたが、2009年には再び減少し、停滞を続けています。
 今回は、当社が任意に選んだ21のレストランチェーンについて「知っている(認知率)」、「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」、「利用したことある(利用経験率)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」などの項目でインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「ガスト」が6項目で首位を獲得、「餃子の王将」「サイゼリア」がそれを追う結果になった。
 「ガスト」は、すかいらーくグループの主要な業態で、1,322店という店舗数の多さもあり、認知、近隣立地、利用経験、3ヶ月以内利用、今後の利用意向などで首位を獲得。とくに利用経験では、国内882店(2011年8月期)を展開する2位の「サイゼリア」に17.7ポイントの大差、3ヶ月以内利用でも「サイゼリア」に11.2ポイントの差をつけるなど、店舗数の多さも手伝い、最も利用されているチェーンレストランといえるだろう。再利用意向では、「餃子の王将」「リンガーハット」に次ぐ3位とはいえ、その差はわずかで、利用者の満足度も高い。
 「餃子の王将」は、FC含め国内555店舗と、上記2チェーンよりは店舗数は少ないながら、3ヶ月以内利用、今後の利用意向で2位、再利用意向では首位となっており、定期的に利用する固定ファンの存在がうかがえる。
  また、長崎ちゃんぽんの専門チェーンである「リンガーハット」は、国内464店舗(2011年4月)で、認知度や利用経験ではベスト10圏外だが、再利用意向では0.1ポイントの僅差で「ガスト」をおさえて2位となった。

 外食産業は、節約志向や主要な顧客である若年層のボリューム減少に加え、「食」に注力する居酒屋や中食との厳しい競争下にあり、幅広いメニュー構成を中価格帯で提供してきたファミリーレストランはとくにその影響を受けている。
 今回のランキングで、ファミリーレストランにカテゴライズされるチェーンで上位にランクインしたのは、低価格を訴求する「ガスト」「サイゼリア」の2チェーンのみなのに対して、専門メニューに特化した「餃子の王将」「リンガーハット」は、高い顧客満足をうかがわせる。
 低価格という手軽さに加えて、メニューやサービスでどんな特徴を打ち出していけるのかが、逆風のもとで顧客の支持を獲得する鍵といえるだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。







【提示21チェーン】
  • ガスト
  • バーミヤン
  • サイゼリヤ
  • デニーズ
  • ジョナサン
  • ロイヤルホスト
  • ココス
  • イタリアントマト
  • 大戸屋
  • びっくりドンキー
  • ビッグボーイ
  • ふらんす亭
  • ペッパーランチ
  • 牛角
  • 安楽亭
  • 叙々苑
  • 餃子の王将
  • 日高屋
  • リンガーハット
  • やよい軒
  • 幸楽苑

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年11月16日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,024サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.