日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.01)
消費者調査データ No.133 ネットスーパー・宅配サービス(2012年1月版)
抜群の存在感を示すイトーヨーカドーのアイワイネット
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 成長する通販市場のなかでも、ネットスーパーの拡大は著しく、2011年の売上高は、前年比37.3%増の781億円となる見込みで、総合スーパー最大手のイトーヨーカ堂が展開する「アイワイネット」は黒字化を達成しています。
 今回は、当社が任意に選んだ主に食品を扱うネットスーパー・食材宅配サービスについて、18社の「知っている(認知率)」、「利用したことがある(利用経験率)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、6項目中4項目で「アイワイネット」が首位を獲得、残る2項目でも2位と4位となるなど、総合スーパー最大手の強さを示している。
 認知率や利用経験で上位にランクインしているのは、「アイワイネット」と同じく総合スーパーを母体とする「イオンネットスーパー」「西友ネットスーパー」、及びネット通販老舗の「Amazon食品&飲料ストア」、楽天市場の「あす楽」、食品宅配の「らでぃっしゅぼーや」「おいしっくす」などで、さまざまな業種から参入した企業が競っていることがわかる。
 しかし、顧客の満足度を示す再利用意向では、首位の「Amazon食品&飲料ストア」と2位の「あす楽」が8割超で、3位から6位までは7割台で総合スーパー系列のネットスーパーが並び、食品宅配系は水をあけられた形となった。

 ネットスーパーについては、時系列で調査を行っているが、前回(2010年11月)と比較すると、認知率や利用経験率は有意に高くなっており、ユーザーの拡大がみてとれる。とくに、客数、客単価の減少に悩む総合スーパーでは、業界首位のイトーヨーカ堂が2012年に売上高350億円、会員100万人突破を見込んでおり、もっとも早くネットスーパーに取り組んだ西友は、2013年末までには350店舗に、今後5年間で会員数10倍、売上高20倍を目指すなど、注力著しい。
 成長市場でのリーディングカンパニーをめぐる戦いはこれからが本番といえるだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。







【提示18店舗】
  • アイワイネット*
  • イオンネットスーパー
  • 西友ネットスーパー
  • オンラインパルサービス
  • サミットネットスーパー
  • マルエツネットスーパー
  • ダイエーネットスーパー
  • ネットスーパー紀ノ国屋
  • 東急ストアネットスーパー
  • ネット関西スーパーらくらく宅配
  • ネットスーパーオークワ
  • イズミヤ楽楽マーケット
  • おいしっくす
  • らでぃっしゅぼーや
  • 大地を守る会
  • あす楽(楽天市場)
  • Amazon食品&飲料ストア
  • 各地の農協のネット宅配サービス
*セブンネットショッピング含む

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2011年11月16日~18日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,024サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.