保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2010.11)
ランキング情報 No.110 ネットスーパー・宅配サービス(2010年11月版)
参入増加で新旧勢力の交代のきざし
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 インターネットで注文を受け付け、主に個人宅まで最短2~3時間で注文商品を届ける「ネットスーパー」「ネット宅配」事業は、1999年から2000年にかけて新規参入が相次ぎ、ブームとなりました。一度は市場が停滞したものの、2007年以降は大手流通チェーン、百貨店、商社などが相次いで参入、強化を表明しています。
 今回は、当社が任意に選んだ主に食品を扱うネットスーパー・食材宅配サービスについて、15社の「知っている(認知率)」、「利用したことある(利用経験率)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」のトップは、「イオンネットスーパー(イオン)」、「らでぃっしゅぼーや」「アイワイネット(イトーヨーカドー)」が続いた。「利用したことのある(利用経験率)」のトップは、「アイワイネット(イトーヨーカドー)」、次いで「イオンネットスーパー」「おいしっくす(オイシックス)」が続いた。ユーザーへの浸透度合いの指標となる認知率や利用経験率の上位は、いずれも大手スーパーのサービスや、大手のネット宅配が占めている。
 また、2008年の調査で認知率で4位、利用経験率で首位の「オンラインパルサービス(パルシステム生活協同組合連合会)」は、今回は認知率、継続率とも10位に沈んだ。
 利用者のロイヤリティの指標となる「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」では、「アイワイネット(1位)」「イオンネットスーパー(4位)」などの大手スーパーのサービスは上位にランクインしているが、「らでぃっしゅぼーや(11位)」「おいしっくす(7位)」は苦戦している。また利用者総数は少ないながら、「高島屋 オンラインストア(高島屋)」「大丸ネットショッピング(大丸)」のようなデパートのサービスや、「あす楽(楽天市場)」のような専門店モールが、認知率や利用経験率に比べて順位を上げている。

 ネットスーパーやネット宅配は、縮小を続ける店舗販売を尻目に、「巣ごもり消費」のトレンドや新型インフルエンザの流行、高齢化などを背景に、全体としては拡大を続けているが、百貨店やJA(農協)など新たな参入がみられる一方で宅配の古参である生協が苦戦、撤退するサービスもみられることなどから、今後はいっそう優勝劣敗がすすむとみていいだろう。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示15ブランド】
  • アイワイネット(イトーヨーカドー)
  • イオンネットスーパー(イオン)
  • 西友ネットスーパー(西友)
  • オンラインパルサービス(パルシステム生活協同組合連合会)
  • サミットネットスーパー(サミット)
  • マルエツネットスーパー(マルエツ)
  • ダイエーネットスーパー(ダイエー)
  • 高島屋 オンラインストア(高島屋)
  • 大丸ネットショッピング(大丸)
  • おいしっくす(オイシックス)
  • らでぃっしゅぼーや
  • 大地を守る会
  • あす楽(楽天市場)
  • Amazon食品&飲料ストア
  • 各地の農協(JA)のネット宅配サービス

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年9月1日~9月3日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,058サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.