日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.11)
消費者調査 No.108 レストランチェーン(2010年11月版)
王将、サイゼリヤ、専門チェーンの実力は
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 消費不振や外食離れが長引くなかで、外食業界にとっては冬の時代が続いています。前年割れを続ける企業がある一方、「餃子の王将」「サイゼリヤ」など業績を伸ばしているチェーンも存在し、二極化がいわれています。
今回は、レストランチェーンについて、当社が任意に選んだ27チェーンの「知っている(認知率)」、「利用したことある(利用経験率)」、利用者の満足度合を示す「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」のトップ3は、「吉野家」「餃子の王将」「ガスト」で、「利用したことのある(利用経験率)」のトップ3は、「ガスト」「吉野家」「サイゼリヤ」の順で、低価格メニューの多いチェーンが占めている。
 次に、ロイヤリティの指標である「利用経験者の今後の利用意向(再利用意向)」は、5ポイント以内に4チェーンがひしめく激戦となったが、「餃子の王将」が制した。再利用意向の2位は、認知率、利用経験率とも低いながら「カレーハウス サンマルコ」が、3位は、「サイゼリヤ」が入った。3位と0.1ポイント差の4位には、認知率、利用経験率が10位圏外であった「大戸屋」が入った。
 再利用意向の上位には「餃子の王将」(中華料理)、「カレーハウス サンマルコ」(カレー)、「サイゼリヤ」(イタリア料理)、「大戸屋」(定食)など特定のジャンルに特化したチェーンがランクインしている。ファーストフードのランキングでも、ユーザーの満足度の要因が低価格からプレミアムバリューへの移行がみられたが、チェーンレストランでも、手頃な価格ながら特徴あるメニューをもつチェーンがユーザーをひきつけているといえるだろう。

 外食市場は、価格志向や健康志向など、その時々のトレンドを反映し、一時は低価格で支持された「ガスト」が今回はふるわなかったように、浮沈も激しい市場である。今回高い再利用意向を獲得した各チェーンも安泰というわけではない。鋭さを増すユーザーの選択に、今後も厳しい生き残り競争が予想される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示28ブランド】
  • 餃子の王将
  • 日高屋
  • リンガーハット
  • 大戸屋
  • やよい軒
  • 吉野家
  • すき家
  • 松屋
  • なか卯
  • 神戸らんぷ亭
  • 山田うどん
  • てんや
  • ガスト
  • バーミヤン
  • サイゼリヤ
  • デニーズ
  • ジョナサン
  • カレーハウス CoCo壱番屋
  • カレーの王様
  • インデアンカレー
  • カレーハウス サンマルコ
  • リトルスプーン
  • カレーショップ C&C
  • スープカレー心
  • ゴーゴーカレー
  • スパイス王国
  • サムラート(SAMRAT)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年9月1日~9月3日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,058サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.