日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.02)
消費者調査 シャンプー(2010年2月版)
強い花王製品 
激戦市場から半歩抜ける
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 シャンプー市場は、国内は元より海外メーカーも参入しているため、ブランドの数にして300以上、年間売上1,900~2,000億円という巨大な市場である。
 今回は当社が任意に選んだシャンプー29ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」、購入者の満足度合を示す「購入経験者の今後の購入意向(再購入意向)」などについてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、「知っている(認知率)」、「買ったことのある(購入経験率)」のトップ3に、花王の「メリット」、資生堂の「ツバキ(赤)」、P&Gの「パンテーン」が名を連ねた。
 しかし、購入者の満足度を示す指標である再購入意向は、認知率、購入経験率でいずれも上位にランクインしていない花王の「サクセス」、資生堂の「ツバキ(白)」、P&Gの「パンテーンクリニケア」となり、シャンプーの洗浄だけでなく付加価値を訴求したやや高価格帯に属するブランドが選ばれた。
 花王の「サクセス」は、皮膚ミクロ洗浄を採用し、毛穴につまったアブラを落とすことで、「育毛剤の浸透を助ける」という育毛剤の効果を最大限に発揮させるような製品工夫をしている。
 資生堂の「ツバキ(白)」は、先行して販売した「ツバキ(赤)」のプレミアム版という位置づけで、「艶センサー機能」を配合することで、ダメージケアに艶を与えるという商品である。
 上位に名を連ねたこれらの中・高価格帯市場は、2003年の「アジエンス」発売で注目が集まり、2006年の「ツバキ(赤)」、2007年の「ツバキ(白)」、「セグレタ」の発売で拡大した。これら既存ブランドも高付加価値を訴求したリニュアルを行い、シャンプー市場全体の成長原動力となっていたが、長引く消費不振や節約志向により、消費者の厳しい選択にさらされ、生き残れるブランドとそうでないブランドの選別が強まりそうだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示29ブランド】
  • P&G h&s
  • P&G ヴィダルサスーン
  • P&G ハーバルエッセンス
  • P&G パンテーン
  • P&G パンテーンクリニケア
  • カネボウ サラ
  • クラシエ いち髪
  • クラシエ ナイーブ
  • クラシエ 海のうるおい藻
  • ツムラ モウガ
  • ベーネ クリスタル
  • マンダム ギャツビー
  • マンダム ルシード
  • ユニリーバ ダヴ 浸透モイスチャーケア
  • ユニリーバ モッズヘア
  • ユニリーバ ラックス スーパーリッチシャイン
  • ライオン PRO TEC HEAD(プロテクヘッド)
  • ライオン 植物物語
  • ロート製薬 Oxy(オキシー)
  • 花王 サクセス
  • 花王 アジエンス
  • 花王 エッセンシャル ダメージケア
  • 花王 セグレタ
  • 花王 メリット
  • 資生堂 水分ヘアパック
  • 資生堂 スーパーマイルド
  • 資生堂 ツバキ(赤)
  • 資生堂 ツバキ(白)
  • 資生堂 マシェリ

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2010年2月9日~2月12日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,045サンプル
サンプル構成(%)

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.