日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2002.10)
マスカラ
-認知率はマックス ファクター、使用経験はメイベリンがトップ!
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 現在、メーキャップアイテムとして重要な位置を占めるマスカラ。実際に当社のネットユーザーの女性の60%が使っており、各メーカーは次々と新アイテムを発表しています。
 今回はそのマスカラ使用経験、今後の使用意向などについてのランキングをお届けします。


 認知率の第1位はマックス ファクターで全体ベースの8割を超えている。しかし、使用経験、現在使用共に第1位はメイベリンのマスカラである。今後の使用意向ではメイベリン、ランコム、マックス ファクターがトップの座を争っている。

 実際に使った経験がある人が今後も買いたいとしたランキング(今後の使用意向)では、第1位はヘレナ ルビンスタイン、第2位がランコムであった。
 ヘレナ ルビンスタインは使用経験者は少ないものの今後使用者の拡大が予想され、ランコムは安定した人気を得ていると言える。

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2002年10月24日~25日
調査対象者:20~49歳 当社インターネットモニター女性個人
有効回収サンプル数:662サンプル
サンプル構成(%)
 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.