日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2007.7)
マスカラ(2007年版)
 ロレアルのメガブランドに挑む、イミュのファイバーウィッグ
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 メイクアップ市場が低迷するなかで、目元にポイントをおいたメイクが定着しつつあり、マスカラ市場は拡大傾向にあります。
 今回は、マスカラ28ブランドについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果を、ランキング形式でお届けします。

 「メイベリン」が、「知っている」「使ったことがある」「現在使っている」「今後(も)使いたい」の4ランキングでトップとなった。トップ「メイベリン」のあとを追うのは、「使ったことがある」「現在使っている」「今後(も)使いたい」の三つのランキングで2位となった「ランコム」である。「メイベリン」「ランコム」共に日本ロレアルが展開するブランドである。日本ロレアルは、1,000円台の低価格ブランド「メイベリン」と、3,000円以上する高価格ブランド「ランコム」を展開することで、消費の二極化にうまく対応してきた。

 この2ブランドに続く注目ブランドをみてみよう。「使ったことがある人ベースの使用意向」ランキングでトップとなった「デジャヴュ ファイバーウィッグ」である。「ファイバーウィッグ」を使ったことのある6割近くが、今後も使いたいと回答した。「ファイバーウィッグ」は、「知っている」人が19.5%と比較的少ないにもかかわらず、「使ったことがある」で6位、「現在使っている」で3位、「今後(も)使いたい」で3位にランクインした。2002年のランキングと比較すると、「使ったことがある人ベースの使用意向」で40.7%7位から、58.3%1位へと大幅に躍進した。「ファイバーウィッグ」は、セルフチャネルを中心に発売されており、税抜価格1,500円と低価格帯に属する。大々的な宣伝をせずに着々と評判を伸ばしてきたブランドである。

 連結売上高で1兆9,620億円(2005年)の、世界最大の化粧品メーカー、ロレアルグループの2大ブランド、「メイベリン」「ランコム」を、グループ売上400億円余(2005年)のイミュの「ファイバーウィッグ」が、ユーザーの高い満足度を武器にどう攻めていくかが注目される。



【提示28ブランド】
  • インテグレート(資生堂)
  • クレ・ド・ポー ボーテ(資生堂)
  • 化粧惑星(資生堂)
  • ザ・メーキャップ(資生堂)
  • セルフィット(資生堂)
  • ピエヌ(資生堂)
  • フフ(ff)(資生堂)
  • マキアージュ(資生堂)
  • マジョリカマジョルカ(資生堂)
  • ケイト(カネボウ)
  • テスティモ(カネボウ)
  • オーブ(花王)
  • ヴィセ(VISEE)(コーセー)
  • ファシオ(コーセー)
  • マックスファクター
  • ヘレナルビンスタン
  • メイベリン
  • ランコム
  • シャネル
  • ディオール
  • エスティローダー
  • クリニーク
  • クラランス
  • DHC
  • オルビス
  • オペラ(イミュ)
  • ブルジョワ
  • デジャヴュ ファイバーウィッグ
    (イミュ)

サンプル構成(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2007年6月6日~9日
調査対象者:当社インターネットモニター
        20~49歳
        全国 女性個人
有効回収サンプル数:318サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.