保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2017.01)
消費者調査 No.240
入浴剤(2017年1月版)
ロングセラーブランドと炭酸タイプが上位にランクイン


 2015年の入浴剤市場は、前年比約1%増の387億円で、堅調に推移しています(金額ベース、週刊粧業調べ)。

 今回は、当社が任意に選んだ入浴剤25ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って使ったことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)での接触状況(3ヶ月内店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って使った(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の結果をみると、前回(2013年10月版)と同様に「バブ(花王)」の強さが目立つ。「バブ」は、広告接触、店頭接触、購入経験、3ヶ月内購入、今後の購入意向など、2位の「バスクリン(バスクリン)」と小差ではあるが、4項目で首位を獲得した。

 次いで注目されるのが、ロイヤリティの指標である再購入意向の上位である。シェアトップの「バブ」を抑え、母数は小さいものの、1位は「きき湯 FINEHEAT(バスクリン)」、2位には「バブ メディケイテッド(花王)」と、ともに高濃度炭酸ガスタイプが占めた。

 近年、入浴剤の市場は、ロコモティブシンドローム予防などで、炭酸ガスタイプの入浴剤が成長に寄与してきた。さらに、高付加価値の高濃度炭酸ガスタイプの新商品も登場しており、好調ではあるがまだ規模は小さく、入浴剤市場全体としては2016年は横ばいから微増とみられている。次の一手として、高齢者向けや、美肌効果を訴求する女性向けなど、高機能の新製品が投入されているが、炭酸ガスタイプの入浴剤のように市場の牽引車となれるかは未知数である。次の成長の切り口の見えないまま、競争のヒートアップが続いていく。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





【提示25ブランド】
  • バスクリン(バスクリン)
  • バスクリン ピュアスキン(バスクリン)
  • バスクリン 薬湯(バスクリン)
  • バスクリン カラダプラス(バスクリン)
  • 日本の名湯(バスクリン)
  • ソフレ(バスクリン)
  • きき湯(バスクリン)
  • きき湯 FINEHEAT(バスクリン)
  • きき湯 アロマリズム(バスクリン)
  • バブ(花王)
  • バブ メディケイテッド(花王)
  • バブ 和漢ごごち(花王)
  • バブ エピュール(花王)
  • エモリカ(花王)
  • ビオレu(花王)
  • キュレル(花王)
  • バスロマン(アース製薬)
  • 薬泉バスロマン(アース製薬)
  • ウルモア(アース製薬)
  • 湯めぐりシリーズ(アース製薬)
  • 温素(アース製薬)
  • 温泡(アース製薬)
  • 旅の宿(クラシエ)
  • HERSバスラボプレミアム(白元)
  • クナイプ(クナイプ)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年11月18日~22日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,030サンプル
サンプル構成(%)




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.